© matka All rights reserved.

20213/11

【写真交換日記236】from London「“まだ”誰もいない」

わ、わ、わ、カルロスさ~ん!

ヨウコさんがカルロスさんの復活をご存知なかったとは知らなんだった…。

高崎のカルロスさんが、なぜ福岡の「にわか煎餅」の画像をお使いなのか…という新たな疑問が沸きましたが、こんな素敵なプレゼントをバレンタインに送ってくれるなんて粋なお友だちね~。

…と思っていたら、あら、もうすぐホワイトデー。こっちにホワイトデーってないんですよ。それにそもそもこちらじゃバレンタインデーは「女性がチョコあげる日」じゃないのです。昔は「男性がプレゼントを贈る日」でしたが、性別しばりなんて今時ではないですよね。現在はジェンダーを越え「恋人・相方に愛をこめて何かを贈る日」になっております。

===

と前置きが長いんですが、今回の写真はまたしても閑散としたロンドン中心部を写したものです(歯医者予約のために外出した夫のヒトが撮影)。イングランドは3月8日から段階的にロックダウンの緩和を始めたのですが、撮影日はまさにその3月8日。学校が再開し、1名までであれば野外で人と会って良いことになりました。

この日は寒く天気もイマイチだったのですが、それでもすこ~し人出があるのかなと思ったのですが、この通り。ま、確かに学校は再開したところでお店はやっていないので、ロンドン中心部に出てくる人なんていませんよね。

まだまだ閑散としたロンドンですが、たぶんこの風景もあとわずか。順調に行けば、下記スケジュールで側します。

第一段階の緩和:
その① 3/8 学校再開&1人まで野外で会える ←イマココ
その②3/29 6人まで野外で会える

第二段階の緩和:4/12
非必須店、飲食店(ガーデン席のみ)、ジム、理美容店再開

第三段階の緩和:5/17
飲食店の店内営業再開(6人、または人数を限らない二世帯まで)

第四段階の緩和:6/21
すべてのソーシャルディスタンス策が解除

各緩和フェースの間には5週間あり、もし感染が拡大したら見直しです。

今後陽も伸び、天気も良くなります。そして緩和もしたら、またどーっと人が外に出てきて感染拡大しないのかな…は皆の懸念です。でもワクチン・ロールアウトは上手くいっているので、そこには大きな希望があります。

閑散とした街並みは「皆がじっと家にいる証」。「もう少し」と思うと、それはそれで希望の光景にも見えるなあと思うのです。

もうちょっと、家に籠って頑張りますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast103

【podcast103】第93回アカデミー賞予想!&おすすめ作品

第93回アカデミー賞は日本時間4月26日朝からスタートします。コロナ禍で劇場公開作品が少ない中での選考ですが、今回派手なガツンとした作品群ではないけれど、時代を反映した地味な中にもピリリとした味わいの名作揃い(視聴したものでは)。そんなノミネート作品についてあーだこーだ話しながら、賞レースを予想してみました。

【写真交換日記238】from London『復活祭と卵デコレーションとエヴァンゲリオン』

そうか、ヨーコさんはエヴァファンだったのか。ワタクシはエヴァを通らずに過ごしてきましたが、NHK『プロフェッショナル』は感慨深く視聴しました。そして、実はこの番組を見たことで、エヴァを見る気が全くなくなってしまったです(笑)。

20214/6

ランチ小説『フラットメイト』第1話公開「マヌカハニーたっぷりのスパイスティー」

ずっと雑誌や新聞、オンラインに「記事」を書いてきたのですが、「物語」も書いてみたいなあと思うようになりました。この数年のことです。 …

オリンピックすごろく

【podcast102】東京オリンピック・パラリンピックすごろくを作ろう

先月3月25日から聖火リレーがはじまりました。日本ではワクチン接種も進まない中、本当にオリンピック開催するんでしょうか。今一度招致から現在までの「あれこれ」をすごろくにしてみよう!と思い立ち、オリパラにまつわる事件を振り返ってみました。

20214/2

【映画のはなし】トーベ・ヤンソンが教えてくれた「ムーミン」以外のこと。映画『Tove(トーベ)』(ややネタバレ有)

英国映画協会(British Film Institute)が毎年開催しているLGBTQ+映画祭「BFI Flare」。今年も2021年3月17~28日まで開催された。ロックダウン中なのですべてオンライン上映であり、プレス試写もすべてオンライン。家から見られるので有難い。

ページ上部へ戻る