© matka All rights reserved.

【podcast99】ハリー王子&メーガン妃のインタビュー、イギリスではどうなの?

こんにちは。ロンドン在住のフローレンス2世です。

地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ話す「環・地球おしゃべり」、それがマトカのpodcastです。

さて「ハリー王子&メーガン妃のインタビュー」、日本でも結構報道されてますよね。

興味ないんだけど…と言いつつ、でもちゃんと見ちゃったワタクシです(笑)。

見た上で、そして日本の報道、イギリスの報道を見て思うことを話しました。

日本では「イギリス王室」をついつい「日本の皇室」と比べてしまいますよね。

そして皇室マターを「国」という大きなくくりで考えがちです。

この辺、イギリスは全然違うんです。ポイントは、王室の人も「一個人」であること、そして王室マターは「ただのゴシップ」という点。

王室メンバーのあれこれを批判したりジョークのネタにすることが自由なのはもちろんですが、所詮「遠くにいる誰か」であり、自分事でも国ごとではないのです。なので王室メンバーの失言を聞いても、皆さん「イギリスの恥!」なんて全然思わない。

だって所詮、遠くの他人だもの。

他人だから面白く、おしゃべりのネタになる。つまりゴシップです。

その辺のイギリスの温度感は、日本のニュースを見てると伝わらないのが良く分かります。

しかしこの話題は公開家族ゲンカというだけでなく、「差別問題」がからんでいるのが肝。今回のゴシップがここまで盛り上がったのも「差別問題」が入っていたから。「差別」については、イギリス、まあまあ敏感です。

「絶対ダメなこと」と子供のころから教えられてきています。なので差別に抵触することは、基本絶対絶対ダメなのです。

この点、どのぐらいこの感覚がイギリスに浸透しているかについて、私の個人的経験(1度、職質されたことがあるのです)を交えて話しました。

所詮他人事~と思いながらも、ついつい見てしまうのはやっぱりゴシップだから!

「興味ない」といいつつ、結構長くしゃべってしまったワタクシ。やっぱり興味あるのかな?(笑)

聴いて下さると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast103

【podcast103】第93回アカデミー賞予想!&おすすめ作品

第93回アカデミー賞は日本時間4月26日朝からスタートします。コロナ禍で劇場公開作品が少ない中での選考ですが、今回派手なガツンとした作品群ではないけれど、時代を反映した地味な中にもピリリとした味わいの名作揃い(視聴したものでは)。そんなノミネート作品についてあーだこーだ話しながら、賞レースを予想してみました。

【写真交換日記238】from London『復活祭と卵デコレーションとエヴァンゲリオン』

そうか、ヨーコさんはエヴァファンだったのか。ワタクシはエヴァを通らずに過ごしてきましたが、NHK『プロフェッショナル』は感慨深く視聴しました。そして、実はこの番組を見たことで、エヴァを見る気が全くなくなってしまったです(笑)。

20214/6

ランチ小説『フラットメイト』第1話公開「マヌカハニーたっぷりのスパイスティー」

ずっと雑誌や新聞、オンラインに「記事」を書いてきたのですが、「物語」も書いてみたいなあと思うようになりました。この数年のことです。 …

オリンピックすごろく

【podcast102】東京オリンピック・パラリンピックすごろくを作ろう

先月3月25日から聖火リレーがはじまりました。日本ではワクチン接種も進まない中、本当にオリンピック開催するんでしょうか。今一度招致から現在までの「あれこれ」をすごろくにしてみよう!と思い立ち、オリパラにまつわる事件を振り返ってみました。

20214/2

【映画のはなし】トーベ・ヤンソンが教えてくれた「ムーミン」以外のこと。映画『Tove(トーベ)』(ややネタバレ有)

英国映画協会(British Film Institute)が毎年開催しているLGBTQ+映画祭「BFI Flare」。今年も2021年3月17~28日まで開催された。ロックダウン中なのですべてオンライン上映であり、プレス試写もすべてオンライン。家から見られるので有難い。

ページ上部へ戻る