© matka All rights reserved.

【podcast 6】前髪斜めに切ってみました&宇宙事件簿「クリフハンガー」&「米・アーカンソー州の大量死刑(2017年)」

みなさま、こんにちは。「フローレンス22世」です。

地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ話す「環・地球おしゃべり」podcast、更新のお知らせです。

前回まではえらく長いこと更新していなかったのに、今回はわずか1週間での更新。ど、どうした!?(爆)って自分たちが1番驚いておりますが、今後、このペースで続けていけるかな?(笑)。頑張ります!

===

音声再生は↓コチラから

===

Podcastは2つのコーナーに分かれています。

①「前髪斜めに切ってみました」(20分)
タイトルが表すとおり、世の中や、身の回りの興味深い事柄を、毎回テーマ決めて斜め切りで話していくpodcastです。

今回のテーマは 豊里耳 がお題出しをした「クリフハンガー」。ハラハラさせるドラマやアニメ等の映像作品の構成方法「クリフハンガープロット」について語ります。

最近2人も割とドラマづいている様子ですが、見ているものも見ているシチュエーションもかなーり異なる様子。2人の性格と生活の違いが分かります。

↑耳が「ご飯食べながら見ている」アニメ、「約束のネバーランド」。私(フローレンス)はご飯食べるときはハラハラしなくっていい。「きのう、なに食べた?」とかが見たいわあ…。

②「宇宙事件簿」(20分)
コチラは宇宙の隅々から奇妙奇天烈なニュースを探して、斜め目線で軽く突っ込んでみるコーナー。

今回のテーマは、フローレンスがお題出しをした「2017年に行われた、アメリカ・アーカンソー州での大量死刑」についてです。

2017年、過去10年以上死刑が執行されていなかったアメリカ・アーカンソー州で、10日間に8人もの死刑執行が予定されました。この短期間での大量死刑執行計画の理由は、入手困難な致死薬の使用期限が迫っているからだと言われていました。(詳しくはコチラのニュースサイトを参照ください。)

実際には最高裁が執行差し止めを支持するなどして執行されたのは4人だったものの、この出来事は世界的に大きな話題となりました。

とはいえ、昨年日本で執行された短期間での13人の死刑執行よりはずっと少ない数ではあります。

フローレンスも耳も、なぜか「死刑」について考えることが多いという共通点があります。どちらも死刑制度には反対ですが、それぞれの思いを割と熱めに語っております。

聞いてくださると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【移民として生きるロンドン】遺言書を作ってみようかと① by hanako in London

※英国で永住権を取得して早13年。自分が移民であると感じつつ、ロンドンで暮らしている。ガイコクジンとして生活しているので、分からないことが…

20197/19

前のめりでスキップ(ロンドン日報)「キビシめ『おべんとうレター』」by hanako in London

※【前のめりでスキップ(ロンドン日報)】かなりせっかちで前のめり。急がば周れないばかりか、地団駄踏んで転んでる。プリプリ怒って日が暮れる…

【podcast 15】前髪斜めに切ってみました&宇宙事件簿「カード派?キャッシュ派?」「映画『新聞記者』と『主戦場』見てきました」

こんにちはフローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)」…

20197/17

【パブが好きすぎる in London】The Harp in Charing Cross

※イギリスの「飲みどころ」と言えば「パブ(Pub)」。ほぼ下戸の・matkaロンドンのハナコと、ビール(特にエール)とパブを愛しすぎてい…

アイススプーン

20197/16

【自分だけのアイススプーンをつくろうWORKSHOP】レポート

私、ヨウコは先日、アクセサリー作家のMEGUMI TOYOKAWAさんによる、 アイススプーン作りWORKSHOPに参加してき…

ページ上部へ戻る