© matka All rights reserved.

201510/4

【写真交換日記63】from London「ベンチでハルキ」

ベンチの足…!
もやの中で寝てたんですね(笑)。

ベンチつながりで、こちらの写真。

先日旦那のヒトと友人がハーフマラソンに参加しました。こちらの小さなマラソン大会は大体公園がスタート&ゴール地点です。待ち時間、天気も良いし暖かい日だったのでベンチで本を読もうと思い、読み返してみたかった村上春樹の「遠い太鼓」を持ってきました。「ダンスダンスダンス」を執筆時に欧州を転々としていた頃のことが書かれたエッセイです。

この本を読んだのはロンドンに来るずっとずっと前で、当時具合が悪かった事もあり外国は大変遠い場所でした。このエッセイに短くロンドンの事が書かれていたのをたまに思い出す時があったので、改めて読み返したくなったのです。

15年?ぶりぐらいに読んでみると、内容を間違って記憶していたり、印象がかなり違うと感じるところがあったりとなかなか新鮮でした。15年前でこんなに感じることが違うのなら、子供の頃に読んだ本を今読んだらどう思うのか?

そんなことをぼんやり考えながら読んでいたら、同じくマラソン終わりを待っていた小さな女の子が不思議そうに私の手元をのぞき込んでいました。きっと縦書きの本が珍しかったんですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20209/27

【写真交換日記226】from London 「黒にんじん・黄色にんじん」

更新おそくなってごめんなさい。「画家が見たこども展」は、私も行きたい!!と思った展覧会です。行けたのね、いいな~! …

【podcast76】「絶望名人」カフカさんに学ぶ人生論

世の中はポジティブな名言に溢れていますが、今はコロナのこともあり、ポジティブな言葉に何も救われなかったり、かえって暗い気持ちで受け止める人も少なくないかもしれません。そんな時に、とてもオススメの本『絶望名人カフカの人生論』。

podcast75

【podcast75】長谷川町子さんの作品について語る

今回は、フローレンスが子供のときから愛してやまない長谷川町子さんの作品について語りました。

20209/21

【今日の云々:カルチャー日記 in London】9月21日(月)〜更新中「現在、玉木宏と高橋一生に翻弄され中」

今週はバタバタ忙しいのに、本日もかなり無理してジムに行った理由はただ1つ、『竜の道』5話が見たいから! これ見ると、走るの大っ嫌いなわたくしがいつもより長めに走れてしまうのだから、凄いのです。

Photo by Clay Banks on Unsplash

20209/21

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】9月14日(月)〜9月20日(日)

amazonオリジナルドラマ『The Boys ザ・ボーイズ』シーズン25話視聴。前から思ってましたが、MMが知性と冷静さと優しさを兼ね備えた人で、つくづくいいひと。ヒューイとブッチャーの関係の定着がホッとする一幕も。凶暴なお兄ちゃんと温和な弟なんだね。ホームランダーの地位の揺らぎ、そして、とうとう最悪のカップル誕生しちゃったよ。

ページ上部へ戻る