© matka All rights reserved.

20169/2

【何とかしたいインテリア】額縁を染めてみる

居間の壁、まだまだ寂しい状態が続いております。

DSC_3073

どうにでもなる「白い壁」。でもどうにでもなるからこそセンスが問われ、その辺に全く自信がないのにどうしたらいいものかと唸る日々。

考えた末にこの壁は好きな植物画やドライフラワーなどで埋めていきたいと決めたものの、この夏は仕事ばかりしていて(仕事しかしていない)、額、接着テープ、フック、そもそもドライにする花さえ買いに行けないよ!な毎日が続いておりました。

花は別として、文房具や材料はオンラインで買えばいいじゃない?と思いますよね?

その内書きますがウチはマンションの立地および共同ドアに難点があり、「デリバリーが届かない」問題も抱えているのです。「オンラインで材料を揃える→デリバリーが届かずヤキモキも辛い」となかなかオンラインで買い物もできないのですが、毎日「どうにかしたいよ、インテリア…」と思っているのもなあと思いなおし、最近は「届かないかもしれない」の心配を封印してオンラインでガンガン買い物しています。

今のところは…割と届いていてホッとしています。

壁を傷つけずに額を止められる両面テープが届いたので、

Command™ Brandさん(@commandbrand)が投稿した写真

↑こういう両面テープです。いろいろ種類があり、7キロ以上のものも貼れるのだとか。

早速1つ額を増やすことにしました。

さまざまな慈善団体が、寄付された品(新品だったり中古だったり)を販売している「チャリティーショップ」がイギリス全土にたくさんあるのですが、ほどよく古びた、でも未使用のハガキサイズの額を買っておいたので、大事にしていた「botaniko press 」さんのクリスマスローズのポストカードを飾ることにしました。

↑次に買いたい、ワスレナグサのポストカード。

居間の壁には何となく黒の額縁が合わない気がする。だからゴールド系の額縁をちょっとずつ集めているのですが、でも、このクリスマスローズの繊細なポストカードには金の額は合わない気がする。困ったなあと思いつつ、一応入れて飾ってみたのですが、

DSC_3077a何だか…額縁のキンキラ具合が気になります。

ポストカードの色も生成りがかった紙。額縁はちょっとチープな金ぴか。同系色なので余計にピカピカ感が加速しているような。

まだDIY1年生で、板や素材に色を付けるペイントやワックスも揃っていないんです。でも思い立ったときにやりたい「せっかち」タイプなワタクシなので、今日やりたい…。

そこで、「コーヒー」で染めてみました。失敗しても洗えばまた使えます。

DSC_3087aインスタントコーヒーをかなり濃い目に水で溶き、指でベタベタなでつける…を繰り返して染めています。

DSC_3090a

まだまだですが…金ぴかよりは多少はマシになったかも…と思い、ひとまずこのまま飾っています。

このクリスマスローズのカードには木製の額縁の方が似合うのかな。木製の額を探してこなくては。大好きなカードなので、合うものを探して近々取り変えたいと思います。

まだ「初めの1歩」にもならない「インテリア(を何とかしたい)への道」なのですが、やってみて気づくこと、やらないと分からないことばかりです。必要な素材、道具もたくさんありますね。

足したり引いたり、変えたり直したりしながらこの家と付き合っていくのだと思います。焦り症なのですが、焦らずゆっくり「なんとか」していきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast239】歳をとっても保守的になりたくないのだけど…

今回は、フローレンスが最近経験したことをベースに「歳をとっても保守的にならずに済む方法はないのかな?」について話しました。

podcast238

【podcast238】毎日の献立どうしてる?

忙しい中でも、ご飯の時間はやってくる。毎日のことなので、悩む人も多いのではないでしょうか。ましてやダイエット中であれば…。ゆるゆる糖質制限をしているワタクシと、糖質制限先輩のフローレンスさんで、あれこれ献立話をしてみました。

【podcast237】旧正月のパーティに初参加して思ったこと in London

2月10日は春節(旧正月)でした。この日、中国系イギリス人の友人が開催した「旧正月を祝うホームパーティ」に初参加したわたくしフローレンス。この日に聞いたこと、思ったこと…についてポッドキャストで話しました。

podcast236

【podcast236】年末年始考えたこと「死と行動」

今生きている人はいずれ亡くなることは、皆が知っている事実ですが、戦争や震災や病気などでいつ誰が亡くなるかは、誰にもわからないなあ。と思いつつ、私自身の死を考えるきっかけがあったことで、とある行動につながることもあったり。そんなことをあれこれ話してみました。

【podcast235】少年犯罪:甲府の事件とイギリスの事件、そして死刑制度について

2024年1回目のポッドキャストですが、マトカらしく?(笑)重いテーマです。録音したのは2024年2月2日。この日、2つのニュースが飛び込んできました。

ページ上部へ戻る