© matka All rights reserved.

201610/11

【写真交換日記125】from London「歩いてまわる、コペンハーゲン」

新聞のエコバッグ、考えさせられます。紐を通すところの紙テープの色やリボンをあしらうだけでデザイン性が高くなり、なにより丈夫、そして素材の来た道も仕事をする人たちも見える。

もしかしたら日本の新聞で作ったら、海外で受けるかも…なんて商業主義なこともかんがえてみたりもしますが、でも送料使うところがすでにエコじゃないかも。

エコは難しいです。私自身全くエコな人でないことを自覚していますが、もうすこし考えてみたいです。

===

エコ繋がりというわけではないのですが、その分野の先進国とも言われている北欧・デンマークのコペンハーゲンにちょっとだけ行きました。デンマークは初めてだったので、仕事はちょこっと、基本は街歩きを楽しみました。

歩きとパスとちょこっと地下鉄で周れる、小さな首都コペンハーゲン。どこもびっくりするぐらい清潔で、建物のデザイン、お店のインテリア、何もかもが私の好きなものであふれている…初めて行ったのにそんな気持ちになる国でした。

デンマークは「もっとも幸福な国」ランキングの首位常連国なんだそうで、2015年はスウェーデンに王座を渡したものの、今年また返り咲いたようです。

たった数日ですが、少し分かる気がしました。

物価が高い国(ものすごく高いです)ではありますが、福祉は充実していると聞いています。外から眺めるだけで分かる頑丈で大きな家(アパート)、人々の「足」は自転車。道路には自転車レーンが確保されています。カフェやバーがそこらじゅうにあり、金曜日の夕方には皆飲んで食べてを楽しんでいる様子。日曜日は閉まっているお店も多い。ただふらっと訪れただけのガイジンの私が街を歩くだけで感じる小さなことだけでも、人々の暮らしや生活への考え方や関わりが、個人に向いた国なような気がしました。高いものは高いけど(物価)、生活の質は落とさない(住まい)。倹約できるものはする(自転車)、働き過ぎない(日曜日は休む)。

もう数年会っていませんが、毎年1-2度仕事で必ず会うデンマーク人の友人が2名いました。毎年話を聞くたびに、私の常識とは違う生活スタイルの国があることを思い知りました。デンマークでは高校から大学へ進学する前に何年か旅行したり働いたりする若者が多いとか、大学卒業後すぐに就職しない人も多いとか、友人の内の1人(ジャーナリスト)は、大学院生なのに大手新聞社の「正社員」として働き、2人ともまだ30才ぐらいなのに大きなアパートを所有している。

ロンドンに住んで10数年経ったので、今なら日本の常識が世界の常識でないことは今は分かるのですが、まだロンドン滞在の初期に出会った人たちだったので「大学出て新卒で就職しないって、そんなのありえるの!?」と真面目に聞いてしまったことがあります。そしたら向こうも真顔で「日本じゃ『休む』っていう選択肢はないの?」「自分で人生選べないの?」と聞き返され、当時は「ずいぶん失礼な~!」とちょっとカチンと来た憶えがあります。

デンマークの社会システムが本当のところどうなのかはよく知りません。でもあの高い物価の中で、世界一幸福に人々が暮らしている。そこのところをもう少し知りたい国だと思いました。また機会があったら行きたいです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202012/3

【ドキュメンタリー】何年経とうと美化してはいけない:Nスぺ『三島由紀夫 50年目の“青年論”』、ETV特集『転生する三島由紀夫』

三島由紀夫が自衛隊市ヶ谷駐屯地で自殺したのは1970年(昭和45年)11月25日。没後50年、2本の番組をNHKが放送したので視聴した。

川

202012/2

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】11月16日(月)〜11月29日(日)異世界で現実逃避、かたやドキュメンタリーに打ちのめされる

毎年のことですが、もう12月。今年は朝ドラや大河ドラマが中断したり、映画も公開延期になったりして(007の新作を早く観たい!)、カルチャーも様々変更を余儀なくされた年でした。そんな中でもアニメ映画もテレビも比較的コロナ禍でも強いコンテンツかもしれないですね。

202011/29

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2020年11月28日:「まだ来てないけど…」

ワタクシ大変神経質なたちでして、いままで「ほこりの舞」やら「ちょっとしたチリ」が気になって気になって大変でした。

podcast85

【podcast85】過去の炎上広告から考えるジェンダー

最近、世の中のジェンダー平等への意識の高まりを感じつつ、ジェンダーギャップについて考えることが多い今日この頃です。本来であれば、新しい価値観を提案して欲しい広告ですが、いまだにどうしても旧来の「男らしさ」「女らしさ」を求める広告や、性別役割分業を想起させるステレオタイプ的な広告も多く、結果炎上→謝罪…。そんなことから、ジェンダーについて、あれこれ話してみました。

202011/28

【今日の云々:カルチャー日記 in London】2020年11月23日~29日「三島由紀夫、英ドラマ『Life』、ISからの帰還、『テロルの決算』」

この番組、放送前から楽しみにしていました。いままでとは違う角度からの三島論だったのでその点では興味深かったものの、内容的には不満足。

ページ上部へ戻る