© matka All rights reserved.

20179/15

【写真交換日記159】from London「私の宇宙もまだまだ遠い」by hanako

益田ミリの作品には私も心をえぐられまくっています。ときどき「う~ん、ちょっと違うかも…」と思う作品もあるのだけれど、ほとんどの作品にドキュンと弾丸打ち込まれます。特に「す~ちゃん」に始まるシリーズは大好きで、繰り返し繰り返し読んでいます。

 

すーちゃん

新品価格
¥1,296から
(2017/9/15 02:05時点)

私が1番好きな益田ミリ作品は「オレの宇宙はまだまだ遠い」。

オレの宇宙はまだまだ遠い

新品価格
¥1,296から
(2017/9/14 23:16時点)

 

「“フツーの人生”なんてものはこの世にない」といつも思っているけれど、このマンガを読むと改めてそんなことを思います。主人公の土田くん(32歳、独身、書店員歴10年)の「一見フツー」に見える日常が描かれたこの作品。ささやかだけれど宇宙のように深くもある彼の日々のいとなみに、共感したり、グッときたり、グサッと刺さったり。

私の宇宙もまだまだ遠いなあ。
なかなか行きつけないなあ。
地味な毎日だけどいろいろ起るから、サクサク前には進めないな。

そんな風につぶやきながら、どこか頭の奥でおっきな宇宙をチラチラ感じる楽しさがいい。

そして書店員の話だけに、いろんな本やマンガを絡めたエピソードが登場するのも嬉しいもの。

星新一『宇宙のあいさつ』

『サンタクロースっているんでしょうか?』

小山宙哉『宇宙兄弟』

特に『宇宙兄弟』が登場するくだりで、土田くんの言う一言に泣きそうな気持になります。

でもこの場合の「泣きそう」は悲しいんじゃないんです。「本好きの想い」がにじみ出た、力をもらえる強い言葉だからこそ泣けてくるんです。

本好きの人が、
本の力を信じて、
これからも本と一緒に人生を歩みたくなる…

そんな一言にグッときます。

ヨウコさんもいつか読んでみてね。巻末の「番外編」がちょっとズルい(笑)。そこ読んだら「次の本も買わないわけにはいかないだろ~!」と遠吠えしたくなる。

そんな益田ミリ(もしくは出版社?)のあざとさもチラリ。オススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【ポッドキャスト65】ルイ・セローのドキュメンタリー番組について語る

今回は日本でも多数配信されている、ルイ・セロー(←人の名前です)のドキュメンタリー番組について語りました。

【前のめりでスキップ(ロックダウン緩和中・ロンドン日報)】2020年7月6日(月)~7月10日(金)「午後5時の誘惑」

毎日、午後5時ぐらいが「魔の時」。この時間にモーレツにお腹が空くのですよ。

【遠くで暮らす、両親のこと】「ワイハイ飛んでないよね?」by hanako

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】日本の地方の街に住む親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に住む私に何ができるの…

podcast64

【podcast64】ラジオが好きなんですけど

先週6月27日でTBSラジオ「久米宏ラジオなんですけど」が最終回を迎えてしまいました。フローレンスさんと私は大のラジオ好き(ほぼTBSラジオ)! 普段からラジオの話はしていますが、「久米宏ラジオなんですけど」が終わることに対しての寂しい気持ちと共に、改めてラジオの魅力について話してみました。

【絵葉書通信15】from Yoko in Tokyo

ロックダウン以降郵便事情、特に海外からの郵便がなかなか届かない現在。ヨウコさんが投函してくれた後「届くかなあ?」と心配していたのですが、案…

ページ上部へ戻る