© matka All rights reserved.

20179/15

【写真交換日記159】from London「私の宇宙もまだまだ遠い」by hanako

益田ミリの作品には私も心をえぐられまくっています。ときどき「う~ん、ちょっと違うかも…」と思う作品もあるのだけれど、ほとんどの作品にドキュンと弾丸打ち込まれます。特に「す~ちゃん」に始まるシリーズは大好きで、繰り返し繰り返し読んでいます。

 

すーちゃん

新品価格
¥1,296から
(2017/9/15 02:05時点)

私が1番好きな益田ミリ作品は「オレの宇宙はまだまだ遠い」。

オレの宇宙はまだまだ遠い

新品価格
¥1,296から
(2017/9/14 23:16時点)

 

「“フツーの人生”なんてものはこの世にない」といつも思っているけれど、このマンガを読むと改めてそんなことを思います。主人公の土田くん(32歳、独身、書店員歴10年)の「一見フツー」に見える日常が描かれたこの作品。ささやかだけれど宇宙のように深くもある彼の日々のいとなみに、共感したり、グッときたり、グサッと刺さったり。

私の宇宙もまだまだ遠いなあ。
なかなか行きつけないなあ。
地味な毎日だけどいろいろ起るから、サクサク前には進めないな。

そんな風につぶやきながら、どこか頭の奥でおっきな宇宙をチラチラ感じる楽しさがいい。

そして書店員の話だけに、いろんな本やマンガを絡めたエピソードが登場するのも嬉しいもの。

星新一『宇宙のあいさつ』

『サンタクロースっているんでしょうか?』

小山宙哉『宇宙兄弟』

特に『宇宙兄弟』が登場するくだりで、土田くんの言う一言に泣きそうな気持になります。

でもこの場合の「泣きそう」は悲しいんじゃないんです。「本好きの想い」がにじみ出た、力をもらえる強い言葉だからこそ泣けてくるんです。

本好きの人が、
本の力を信じて、
これからも本と一緒に人生を歩みたくなる…

そんな一言にグッときます。

ヨウコさんもいつか読んでみてね。巻末の「番外編」がちょっとズルい(笑)。そこ読んだら「次の本も買わないわけにはいかないだろ~!」と遠吠えしたくなる。

そんな益田ミリ(もしくは出版社?)のあざとさもチラリ。オススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast247

【podcast257】使われ方によってモヤモヤするワード「おかげで」

「おかげで」という言葉は感謝を示す言葉でいい言葉なのですが、たまにシチュエーションによって耳にする「おかげで」はかなりモヤモヤするものがあります。

【podcast256】都知事選直前!遠くからみる市民のチカラ

7月7日、東京都知事選ですね。わたくしフローレンスも耳さんも東京に住んでいないので、選挙できません。でも、注目しています。

【podcast255】初インド滞在!おいしい&楽しい、魅惑のインドを語りつくす!

奇跡のようなきっかけがありまして、フローレンスが12日間、南インドの都市・バンガロールに行ってきました。

podcast254

【podcast254】(かなり)遅ればせながら自動車学校行ってみて、思ったこと

今まで考えてもみなかったことですが、中年になって、遅ればせながら自動車学校に通っています。若い時に行っていたら、決して思わなかったであろうことに思いを巡らせる日々です。録音日、仮免許取得したテンションでフローレンスさんとあれこれ話してみました。

【podcast253】映画『関心領域』:人は「関心領域」と「比較」の中で生きている。

映画『関心領域』をやっと見ました。様々な映画賞を受賞した話題作なので知っている人も多いでしょう。

ページ上部へ戻る