© matka All rights reserved.

ベランダで紅茶

【写真交換日記207】from Tokyo「春のめざめ」

毎日、新型コロナのニュースに世界中の人が注目していますが、こうゆう危機的状況の中だからこそ、国ごとの施策に特徴が出るなと思います。日本では「アベノマスク」という揶揄も出るくらいの「なんだかな」な対応策ばかりですね。

今週末も「外出自粛要請」が都知事から発せられましたが、もう「要請」じゃなく「強制」(ちゃんと賃金保証もセットで)にした方がいい段階のように思います。

こんな状況の中でも、春はやってきました。週後半になってやっといい天気になったので、せめてベランダにて紅茶を飲みながら春を感じてみました。幸い、ベランダからは桜も見えるので、一人花見ということで。

桜
こちらはスーパーに買い物行く途中に咲いていた桜です

大々的に春を感じることができない今、映像で「春」を謳歌してみるのはいかがでしょうか(違う春の意味…)。
今回はロシアのアニメーションのオススメです。

======================================

春のめざめ アレクサンドル・ペトロフ監督
2006年 原作イワン・シメリョフ『愛の物語』

二度観なければならない。私は思わず二度観てしまった。

印章派の油絵のアニメーションのめくるめく世界は、あまりに目を奪われすぎて「心」がついていけない。

16歳の少年の「思春期」「性愛」、その「めざめ」の物語であるのだが、そんな題材は多分世界にごまんとあるだろう。しかし、「老人と海」でアカデミー短編アニメーション賞を受賞したこのロシアの監督の手にかかると、わずか28分の間に揺れる心、美しさと悲しみとが、洪水のように押し寄せて、溺れそうになる。19世紀末のロシアを舞台に、凝縮されたストーリー展開で主人公の「女性たち」への溢れる気持ちが、絵の動き(展開)によって感覚として入ってきて、心をかき乱される。

途方もなく時間のかかったであろう、「手仕事」による作品。色の補正などはPCを使ったようだが、細やかな表情や、縦横無尽な風景の移り変わりから目を離せず、アニメーションの真髄を堪能できる作品でもある。ロシアンティーを楽しむ食卓の風景もあり、甘いジャムを傍に、紅茶を飲みながら「動く絵画」を楽しめる作品。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【前のめりでスキップ(ロックダウン緩和中・ロンドン日報)】2020年7月6日(月)~7月10日(金)「午後5時の誘惑」

毎日、午後5時ぐらいが「魔の時」。この時間にモーレツにお腹が空くのですよ。

【遠くで暮らす、両親のこと】「ワイハイ飛んでないよね?」by hanako

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】日本の地方の街に住む親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に住む私に何ができるの…

podcast64

【podcast64】ラジオが好きなんですけど

先週6月27日でTBSラジオ「久米宏ラジオなんですけど」が最終回を迎えてしまいました。フローレンスさんと私は大のラジオ好き(ほぼTBSラジオ)! 普段からラジオの話はしていますが、「久米宏ラジオなんですけど」が終わることに対しての寂しい気持ちと共に、改めてラジオの魅力について話してみました。

【絵葉書通信15】from Yoko in Tokyo

ロックダウン以降郵便事情、特に海外からの郵便がなかなか届かない現在。ヨウコさんが投函してくれた後「届くかなあ?」と心配していたのですが、案…

20206/28

【前のめりでスキップ(ロックダウン緩和中・ロンドン日報)】2020年6月25日(木)~28(日)「色のない世界とある世界」

引き続きの痛い痛い&暑いの日。しかも暑いと花粉がひどい。できるだけ噛まないことである程度痛みが抑えられることが分かったので、噛む行為を一切放棄して、右上奥歯ちゃんとの最後の日々を過ごすことに。

ページ上部へ戻る