© matka All rights reserved.

コーヒーロースター

20204/27

【朝のコーヒー、午後のお茶】奥深い味わい、1人用ボードゲーム「コーヒーロースター」

1人用ボードゲーム「コーヒーロースター」(コーヒー豆を焙煎するゲーム)を知ったのは、いつも聞いているTBSラジオ「アクション」今年2月26日(水)のゲストコーナーでした。(水曜は特にCreCreepy NutsのDJ松永さんパーソナリティなので、楽しみなのです。)ボードゲームにも造形が深い、裁判傍聴芸人の阿蘇山大噴火さんは、この日の放送でおすすめのボードゲームを紹介し、その中の1つが「コーヒーロースター」でした。

私はここ2.3年、「ボードゲーム欲」(そんなものがあるのだろうか?)が高まっていたのですが、如何せん一人暮らし。ボードゲームの為に友達に声をかけるのもためらわれ、ボードゲームは最低でも2人からと相場が決まっているので、いくらボードゲームをしたくてもできないでいました。

人気のボードゲーム「カタン」とかしてみたい!いっそ「ボードゲームカフェ」にでも単身乗り込むか!?と以前息巻いたりしてました(今はもちろん行けませんが…)。そんな中、紹介された「1人用!」ボードゲーム。しかも、阿蘇山大噴火さん激推しでした。

早速、検索!発売後すぐに売り切れていたらしい「コーヒーロースター」は、知る人ぞ知る、伝説の国産ボードゲームだったのです!2019年にヨーロッパのメーカーに買われ、最近日本に逆輸入されたそう。現在は紙のボードゲーム以外にも、アプリ版もリリースされています。元の「コーヒーロースター」を作成した京都のアナログゲームをクリエイトしているレーベルSaashi & Saashiの「コーヒーロースター」についてのブログはこちら

このゲーム、その名の通り生豆からコーヒーを焙煎するのですが、一言で言って「大人なゲーム」です。何が大人かっていうと、その手順からして大人です。(下記私なりに要約した手順です。)

  1. 焙煎レベルに応じた、豊富な種類の豆カードを選びます。(例えば「キリマンジャロ」とか)自分の好きな豆でもいいかもしれません。
  2. それぞれの豆カードの記載に応じてチップを用意。豆の特性を表しています。豆によって適切な焙煎度も違います。
  3. いくつかの「効果」チップをどのように使うか使わないかは、焙煎士たるプレイヤー次第。焙煎度を上げて、黒い袋の中にチップを入れて焙煎するイメージです。
  4. 頭の中でバランスを考えながら、そろそろだと思ったら、「カップテスト」を行います。酸味・苦味・甘味なども得点に。そのバランスも豆によって異なります。
  5. 得点をつけていって、3回のゲームの合計で今自分がどれくらいの「焙煎士レベル」なのかを認識。あくまで自分を高める指標。
私はトライアルメニューで1種豆焙煎中。レベルが上がると、同時に3種の豆を焙煎します。

大人な要素を要約しますと、私が思うに「豆の個性に応じた焙煎」「要求されるバランス感覚」「地道に培う向上心」が求められる!なんて大人なんでしょう!自分でドリップしたコーヒーを傍に「コーヒーロースター」をプレイ!渋い!違いがわかる!ダバダー♪(古い)

私はまだまだ「焙煎士見習い」ですが、めざせ 「焙煎マイスター」!(本当にゲーム説明書にある項目です)コーヒーを飲みながら、ボードゲームの醍醐味、手触りの良い紙のチップを触りながら、1人ボードゲームに興じる。この巣ごもり時期にいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast183】これも冬支度の1つ。4回目のコロナワクチン打ちました。

今回は先週4回目のコロナワクチンを打ったフローレンスと、昨日打ったばかりの耳さんで「4回目のコロナワクチン」について話しました。

podcast182

【podcast182】張り紙とハラスメント(ある喫茶店で思ったこと)

まだまだコロナ以前とはいきませんが、飲食店はほぼ通常営業し、お店でのコミュニケーションも増えてきた今日この頃ですが、先日立ち寄った喫茶店のドアでとても印象に残る張り紙を見ました。

【podcast181】日本⇒欧州に行くなら「絶対おすすめ深夜発フライト!」その理由

今回は、日本⇒ロンドン便で連続利用している「深夜発フライト(深夜便)」の良さについて力説しました。

podcast180

【podcast180】誰しも熱く語りたくなる!座ってるだけで体が熱くなる!映画『RRR』

179分。それがお薦めする映画『RRR』の上映時間です。誰しも見る前は「長いな〜〜」と思うでしょうが、あら不思議!怒涛の展開に熱狂している間にエンドロール迎えています。

【podcast179】今こそ思う「スゴイよ、ジュリー(沢田研二)」

今回は、最近わたくしがYoutubeでヘビロテ再生しているジュリーこと「沢田研二」さんの凄さについて話しました。

ページ上部へ戻る