© matka All rights reserved.

サブリナ

20205/11

言葉にならない感情が込められた線。グラフィックノベル『サブリナ』

このところ、積読を解消すべく読めていなかった本をガンガン読んでいこう!とひとり息巻いているのですが、本ってそんなに「ガンガン」読めないもんですね。単に集中力が落ちているのか、視力が落ちているのか、読書の習慣がなくなっていたせいか…。そこで、グラフィックノベルやマンガを間に挟んでみることに。

だがしかし!このアメリカのグラフィックノベル『サブリナ』はそこいらの本(失敬!)より集中力の要るノベルだったのです。ただ、世界観に引き込まれてしまい、アイスコーヒーの氷も溶けるに任せて、グイグイと目を見開いて新感覚ノベルを堪能しました。各所で話題の本ですが、感想を書いてみました。

キリリと冷えたアイスコーヒーとともに

『サブリナ』 ニック・ドルナソ
2019年 早川書房

『サブリナ』は、現代アメリカを舞台に、サブリナという普通の生活をしていた女性が仕事帰りに突然失踪し、残された親族や彼氏やその友人たちを描いたグラフィックノベル。グラフィックノベルでは初めてブッカー賞にノミネートされている。

私はこんなに丹念に1コマ1コマを凝視するようなマンガ(グラフィックノベル)に出会ったことはなかった。そもそもアメリカのマンガを読むのは初めてかもしれない。なぜそれほど凝視するかというと、読んでる間中ソワソワとゾクゾクの間を漂いながら、えも言われぬ緊張感を持続しながら進んでいく本だからである。この本を読んでいる自分を客観的に見たときに、表面上は冷静であるのに、絶えず心電図の針が細かくときに大きく上下しているような状態といえる。そう、この本に出てくる人物たちのように。

失踪したサブリナの彼をしばらくの間預かる、昔の友人。
親切な友人と彼との間の関係。決して言葉にはできない感情はグラフィックノベルにしかできない表現で、私は今までにどの媒体でも、どの作品でも味わったことのない感覚に衝撃を受けた。

一定の大きさのフォーマットで区切られたコマには、とにかくシンプルな線で背景と人物が描かれている。表情もほとんど変わらない。ただ、シンプルゆえに際立つ背景の奥行きや距離や、人物の表情の口のほんの少しの歪みによって、読者はそこにある意味や感情を模索することになる。
しかし、「何事にも意味を求めがちな」もしくは「意味がなければ納得できない」と考える人々によって、現実が歪められているということをこの本は皮肉にも突きつけてくるのである。それは誰しも例外ではないことも。

この本のこんなにも先が読めず、どこに連れて行かれるかもわからない不安定さはまさに現代の現実そのものだと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast182

【podcast182】張り紙とハラスメント(ある喫茶店で思ったこと)

まだまだコロナ以前とはいきませんが、飲食店はほぼ通常営業し、お店でのコミュニケーションも増えてきた今日この頃ですが、先日立ち寄った喫茶店のドアでとても印象に残る張り紙を見ました。

【podcast181】日本⇒欧州に行くなら「絶対おすすめ深夜発フライト!」その理由

今回は、日本⇒ロンドン便で連続利用している「深夜発フライト(深夜便)」の良さについて力説しました。

podcast180

【podcast180】誰しも熱く語りたくなる!座ってるだけで体が熱くなる!映画『RRR』

179分。それがお薦めする映画『RRR』の上映時間です。誰しも見る前は「長いな〜〜」と思うでしょうが、あら不思議!怒涛の展開に熱狂している間にエンドロール迎えています。

【podcast179】今こそ思う「スゴイよ、ジュリー(沢田研二)」

今回は、最近わたくしがYoutubeでヘビロテ再生しているジュリーこと「沢田研二」さんの凄さについて話しました。

podcast178

【podcast178】結婚にまつわる名言に物申す

人生の一大イベントである「入籍」ですが、共に歩む「結婚(生活)」は日々の積み重ね。多くの著名人が「結婚」にまつわる名言を残しています。その中には結構な「迷言」も。その名言たちにあれこれツッコミながら、「結婚」の先輩であるフローレンスさんと話してみました。

ページ上部へ戻る