© matka All rights reserved.

ハルヴァ

20206/1

【写真交換日記215】from Tokyo「冒険の旅は家でもできた」

マクビティビスケットの分家、パッケージがそっくりすぎて、訴えられないのかな?と思ってしまいます。いろいろ心配になる安さですが、味が変わらないのはすごいですね。

私の方は、以前のハナコさんの記事、【朝のコーヒー、午後のお茶】「ハルヴァを探して」を読んで、どうしてもハルヴァを食べたくなってしまいました。

記事はこちら

根本が食いしん坊なので、食に関する好奇心と行動力はすぐに発揮され、ネットでハルヴァを購入してみました。

パッケージはオサレではないですが、異国情緒たっぷりです

原産国はチュニジア、品名はごまペーストバニラ風味ということで、原材料はごまが筆頭に、砂糖やソープワート根などです。
ハナコさんの記事で紹介されている本のハルヴァはロシアの方のものなので、原料も違うかもしれませんね。NHKのグレーテルのかまどではロシアのハルヴァ再現レシピが紹介されていました。

「ハルヴァ」はもちろん、チュニジアのお菓子ははじめて。海外のお菓子というのは結構冒険心をくすぐられるもの。ワクワクしながら、紅茶と共にかけらをパク。口に入れた瞬間、ごまの風味がフワッと広がり、すり潰されたごまの感触も感じられます。なんだか素朴で未知の味というよりは、どこかで知ってる味のように思いました。きな粉のような感じもします。今回単体で食べたけれど、ホロホロしているので、何かにかけて食べてもいいかもしれない。コーンフレークとか、バニラアイスとか。

実際に旅に出かけられない今ですが、食べたことのない食べ物を食べることは、行ったことのないどこかへ赴く「旅」で、なんと言っても家でできる最大の「冒険」なのかもしれないと思った、「ハルヴァ」初実食でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast103

【podcast103】第93回アカデミー賞予想!&おすすめ作品

第93回アカデミー賞は日本時間4月26日朝からスタートします。コロナ禍で劇場公開作品が少ない中での選考ですが、今回派手なガツンとした作品群ではないけれど、時代を反映した地味な中にもピリリとした味わいの名作揃い(視聴したものでは)。そんなノミネート作品についてあーだこーだ話しながら、賞レースを予想してみました。

【写真交換日記238】from London『復活祭と卵デコレーションとエヴァンゲリオン』

そうか、ヨーコさんはエヴァファンだったのか。ワタクシはエヴァを通らずに過ごしてきましたが、NHK『プロフェッショナル』は感慨深く視聴しました。そして、実はこの番組を見たことで、エヴァを見る気が全くなくなってしまったです(笑)。

20214/6

ランチ小説『フラットメイト』第1話公開「マヌカハニーたっぷりのスパイスティー」

ずっと雑誌や新聞、オンラインに「記事」を書いてきたのですが、「物語」も書いてみたいなあと思うようになりました。この数年のことです。 …

オリンピックすごろく

【podcast102】東京オリンピック・パラリンピックすごろくを作ろう

先月3月25日から聖火リレーがはじまりました。日本ではワクチン接種も進まない中、本当にオリンピック開催するんでしょうか。今一度招致から現在までの「あれこれ」をすごろくにしてみよう!と思い立ち、オリパラにまつわる事件を振り返ってみました。

20214/2

【映画のはなし】トーベ・ヤンソンが教えてくれた「ムーミン」以外のこと。映画『Tove(トーベ)』(ややネタバレ有)

英国映画協会(British Film Institute)が毎年開催しているLGBTQ+映画祭「BFI Flare」。今年も2021年3月17~28日まで開催された。ロックダウン中なのですべてオンライン上映であり、プレス試写もすべてオンライン。家から見られるので有難い。

ページ上部へ戻る