© matka All rights reserved.

20206/3

【朝のコーヒー午後のお茶】夏の癒しに最適。冷たいアイスティーと「濃厚アプリコット・ジャム」

普段はミルクティー派のわたくしです。しかし甘みとの組み合わせによっては「断然ストレート・ティーがいい」場合もあります。

この投稿をInstagramで見る

hanako miyata, matka(@hanako_london_matka)がシェアした投稿

特に「練り物(ペースト)系」の甘みと紅茶の場合は断然ストレート。かな~りガッツリ濃い目に淹れて、スプーンで舐め舐め「練り物」の甘みを楽しむのがいいのです。

ヨウコさんも試した「ハルヴァ(↓)」もその一例ですが、

【写真交換日記215】from Tokyo「冒険の旅は家でもできた」

ピーナツバターを舐めながらの紅茶も大好き。

この投稿をInstagramで見る

Whole Earth Foods(@wholeearthfoods)がシェアした投稿

↑こちら、私が大好きなWhole Earchのピーナッツバターです。ダークローストのピーナッツを使い「つぶつぶ」が残った状態でペーストになっています。

そして最近の私のお気に入りはこちら。Bonne Maman(ボンヌママン)の「アプリコット・インテンス」です。

ボンヌママンはフランスのジャム&菓子メーカーですが、イギリスでもスーパーで手に入ります。日本でもS&B食品がライセンスしており、「アプリコット・ジャム」は日本でも購入可能です。

しかし残念ながらこの「アプリコット・インテンス」は未輸入のようです。

「インテンス(intense)」は直訳では「集中した」という形容詞ですが、食べ物の場合は「凝縮した」というニュアンスです。普通のジャムと「インテンス」の何が違うか?というと、「インテンス」シリーズは砂糖控えめで、その分、果肉の味が強いところなのです。

食べてみると「杏を煮詰めてジャムにした」というよりも、「干し杏をペーストにした」という感覚。杏の甘酸っぱい味がギュッと凝縮しているのです。

パンやクラッカー、パンケーキに塗ってももちろんおいしいです。

でも私は鮮烈で濃い杏の味を楽しみたいので、何もつけないでこのままちょっとだけスプーンですくい、舐めながら紅茶を味わうのが大好きなんです。

ロシアではジャムを舐めながら紅茶を飲むようです。ポーランドなどの東欧では紅茶にジャムを溶かすようです。

暑い季節になったら、アイスティーと合わせます。アイスティーとの相性も抜群です。

紅茶の中に入れて溶かしても美味しいのですが、味が薄まってしまうのでもったいない気がします。なので私が断然「スプーンで舐める派」。

これからの季節、夕涼みの時間に冷たくて濃いアイスティーとアプリコット・インテンスは最高の癒しです。

↑キンキンに冷やした紅茶と合わせて。

日本よりもずっと涼しいけれど、普通の家庭にはクーラーがないイギリス。「あっついな~~~」と思った日、ちょっとお疲れ気味の時、キンキンに冷えたアイスティーを美味しくれて、アプリコット・インテンスを舐めるのは至福の時間。

まるでゼリーを食べるようにどんどん食べてしまうので困ります。

あっという間に1瓶が空っぽ。

爽やかな香りと味についつい騙されスプーンが進む、ちょっと危険な食べ物なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast254

【podcast254】(かなり)遅ればせながら自動車学校行ってみて、思ったこと

今まで考えてもみなかったことですが、中年になって、遅ればせながら自動車学校に通っています。若い時に行っていたら、決して思わなかったであろうことに思いを巡らせる日々です。録音日、仮免許取得したテンションでフローレンスさんとあれこれ話してみました。

【podcast253】映画『関心領域』:人は「関心領域」と「比較」の中で生きている。

映画『関心領域』をやっと見ました。様々な映画賞を受賞した話題作なので知っている人も多いでしょう。

【podcast252】映画『マッドマックス:フュリオサ』至高の世界観と細やかな演出をとにかく楽しむ!

2015年公開の映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の大ファンである私は、その前日譚である『マッドマックス:フュリオサ』を公開の週に胸のエンジンを鳴り響かせて観てきました。期待を裏切らない映画の魅力をあれこれ話してみました。

【podcast251】来年1月イギリスのビザ(永住権)がデジタル化するのです。

来年1月1日から、イギリスでは「eVisa」というデジタルのビサ証明が導入されます。わたくしフローレンスはイギリス永住権を持っていますが、現在持っている永住権カード(BRPカード)からデジタルに切り替わるのです。

podcast250

【podcast250】配偶者の呼び方問題、変わらない現状の理由とこれから

最近どう呼ぶのが良いのかについてメディアでも取り上げられることも多い、配偶者の呼び方問題。今週私に起こった出来事をきっかけに、改めて色々考えさせられました。ベストな新しい呼び方はないか?どうしたら新しい呼び方が定着するのか?フローレンスさんとあれこれ考えてみました。

ページ上部へ戻る