© matka All rights reserved.

20196/7

【パブが好きすぎる in London 】The Coach(パブ/ガストロパブ)in Clerkenwell

※イギリスの「飲みどころ」と言えば「パブ(Pub)」。ほぼ下戸の・matkaロンドンのハナコと、ビールとパブを愛しすぎている「旦那のヒト」が訪れたパブのうち、おすすめのみを限定で紹介。暑苦しく語らない、うんちくこねない「行って、飲んで、食べた」印象を勝手にちょこっと語ります。

ロンドン中心部からやや東、Clerkenwell地区にあるガストロパブ。1階はパブエリア、2階はレストランエリアになっていますが、どちらでも同じものが食べ&飲みできます。

この投稿をInstagramで見る

The Coachさん(@thecoachldn)がシェアした投稿

このガストロパブに行ったのは、「美味しいガストロパブまとめ」「ペストパブ」的なものに最近よく登場しており、気になっていたからです。

この周辺にはデザイン系の会社等が多くオサレ族が多い場所。金曜夜に出かけてみると、1階のパブエリアは会社帰りの「飲みたい人たち」で満員。かなり騒がしかったんですが、2階のレストランエリアはしっとりエリアで落ち着けました。友人グループでの食事会やデート、「おじいさんの誕生日ディナー」だったりと、客層もさまざま。昼間に行くと、カフェのような雰囲気も楽しめそうなパブです。

===

カテゴリー:パブ/ガストロパブ
特徴: 飲むだけでも、レストラン仕様としてもどちらも使えるガストロパブ。
ビールのセレクション: いまどきのクラフトビール中心。品ぞろえはそんなには多くない。
食事:モダンブリティッシュ
インテリア: 1階はモダン、2階はトラディショナルな雰囲気が楽しめる。1階には少しですが野外席(テラス)もあるので、夏の天気の良い日は素敵そう。

Web: https://thecoachclerkenwell.co.uk/
Instagram: https://www.instagram.com/thecoachldn/
住所:26-28 Ray St, Clerkenwell, London EC1R 3DJ
最寄り駅:Farringdon駅(地下鉄とCross rail)
予約:オンライン予約が可能。
mapはコチラ

===

1階奥にあるエリア。テラスに面していて、光が入ります。

2階のレストラン・エリア。

旦那のヒトのポイント:
ビールの種類だけみるとそんなには多くないけれど、オサレな土地と来る人の層を考えた、クラフトビールが揃っている。リアルエール好きが満足する品ぞろえではないかもしれないけれど、雰囲気と美味しい料理(ビールによく合う味付け)もひっくるめて、良いパブだと思う。

この投稿をInstagramで見る

The Coachさん(@thecoachldn)がシェアした投稿

ハナコのポイント:
ご飯が美味しい。
食事は大満足。骨太、しっかり味付けしたモダン・ブリティッシュが美味しい。見掛け倒しではない、しっかり美味しく、お腹いっぱいになるのがいい。2人で行き、スターターをシェア、メインは1品ずつ、デザートをシェアしたけれど、満腹・満足。美味しいもの好きに紹介できるお店。

スターターの「ビーフ・タフタル」。ケッパーの味がびしっと効いていました。濃い目の味で、パンにもお酒にも合います。

鴨の皮はカリカリ、マデラソースはこっくり。大盛りのマッシュドポテトと交互に食べるといくらでも入ってしまう恐ろしさ(笑)。

インテリアは1階は昼間来た方が明るくて素敵そう。2階はシック&クラシカルな雰囲気。インテリア的には「普通」ですが、トイレや階段周りにも、アンティーク風なのに清潔感がある工夫が見られました。

次回は昼間に来て、1階のテラスに面した部分に座りたいな~。

椅子の座り心地はイマイチ…そうな家具ですが、でも天気が良ければ気持ちよさそう。

===
総合評価:また来たい!
===

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20196/26

【写真交換日記186】from London「自由な精神」

私も、久米さんのラジオいつも聴いてます。先日は「2020年オリンピックチケット申し込んだ?」のメールテーマで、「番組踏絵」と称してリスナ…

【パブが好きすぎる in London 番外編】くつろぎ&愛しの「おやじパブ」

※イギリスの「飲みどころ」と言えば「パブ(Pub)」。ほぼ下戸の・matkaロンドンのハナコと、ビールとパブを愛しすぎている「旦那のヒト」…

20196/24

【podcast 11】前髪斜めに切ってみました&宇宙事件簿「我が家のルール」&「日本のプラスチックごみの輸出」

地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ…

【絵葉書通信7】from Yoko in Tokyo

すっかり半袖の東京から、まだまだ長袖のロンドンに絵葉書が届きました! おお、ウォルフガング・ティルマンス! わたくしも…

日本民芸館 

【写真交換日記185】from Tokyo「大胆さと繊細さ」

私も、久米さんのラジオいつも聴いてます。 先日は「2020年オリンピックチケット申し込んだ?」のメールテーマで、「番組踏絵」と称してリスナー…

ページ上部へ戻る