© matka All rights reserved.

【デザイン】最近よく見るフラット型ランプシェード

eye catch image : <Enamelshades>のHPのキャプチャ画像。© 2016 Enamelshades
※【デザイン・ギーク】
「ギーク」とは「オタク」のこと。「いいなあ」「素敵だなあ」「ほしいなあ」と思ったデザインがらみのアレコレをここに記録。基本、好きなものばかり。現在はコーヒーと紅茶に関するものを紹介しています。

ここ数年、ランプシェードのトレンドは薄型のようです。

この投稿をInstagramで見る

Industville(@industville)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

J. GLINERT(@jglinert)がシェアした投稿

インダストリアル的インテリアの場所では、エナメルのランプシェードが多いですが、最近は薄型を越えて「フラット(平ら)」のものをよく見かけます。

この投稿をInstagramで見る

The New Craftsmen(@thenewcraftsmen)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

The New Craftsmen(@thenewcraftsmen)がシェアした投稿

我が家の居間はずっとコード長めで裸電球を垂らしていました。

人が来ると電球をフェラメントに変えたりして楽しみつつ、シンプルなのがいいと思っていました。

この投稿をInstagramで見る

Industville(@industville)がシェアした投稿

↑こちらは我が家ではありませんよ。こんな素敵なお家に住んでいません。でもまあこんな感じに垂らしています。うちのはIKEAのコードと電球ですが。

でも正直ちょっと飽きてきました。「そろそろランプシェードが欲しい…」と本気で思って約2年。本気なのに、なかなか探せないでいました。

レストランやカフェ、ホテルなどで「まっ平のシェード」を見かけるたびに

一体どこで売っているんだろう…

と眺めていたのですが、私が行くお店やネットショップで全然探せず。

検索の仕方が悪かったのかもしれません。

最近やっとやっと「まっ平シェード」を探しあてました。しかも買えそうな値段!!涙

今、絶賛ほしくてたまらないのはこちら↓です。

↑<Enamelshades>のキャプチャ画像より。ランプシェードとコード、ソケット、シーリングローズ込みで値段は59ポンド(現在のレートで約8100円、送料別)。

この投稿をInstagramで見る

Enamel Shades(@enamelshades)がシェアした投稿

↓ほしいのは小さい方です。

この投稿をInstagramで見る

Enamel Shades(@enamelshades)がシェアした投稿

「DISC」というシリーズで、色は黒と真鍮、サイズも2種類あります。

この投稿をInstagramで見る

Enamel Shades(@enamelshades)がシェアした投稿

まるでCDみたいな平っぷりです。

真鍮の小さい方を2つ、我が家のリビングに垂らしたいと思っているのですが、現在まだロックダウンが継続中。天井の配線をいじらないと取り付けできないため、自力で取り付け出来ない場合は電気屋さんに来てもらう必要があります。

しかしまだ緊急時以外は電気屋さんに来てもらえません。ですのでロックダウンが明けるまで購入を待つことに。

心が決まると早く買いたくて仕方ないのですが、2年も待ったのだからもう少し我慢。

早く新しいランプシェードの下で、コーヒーをゆっくり飲む日が楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast249】やっと映画「PERFECT DAYS」をみました。

今回はやっとこさ映画「PERFECT DAYS」を見たフローレンスが、まだ見てない耳さんに「見よう」という気にさせるべく話しました。

podcast248

【podcast248】通り過ぎられ県、静岡は穴場の観光地

静岡県へ来て1年が経ちました。週末様々なところへ遊びに行っていますが、探せば探すほど穴場スポットの多い静岡、そんな魅力を語ります。

【podcast247】もうすぐ政権交代かも…イギリス地方選挙2024がありました。

2024年5月2日にイギリスでは地方選挙がありました。イギリスは「統一地方選挙」ではなく、ほぼ毎年地方選が順次行われていくシステムです。

podcast246

【podcast246】映画「オッペンハイマー」鑑賞後あれこれ考えてしまうので話してみました

アカデミー賞受賞作品は劇場で観ることにしているワタクシですが、クリストファー・ノーラン監督作品でもあって期待大でした。3時間の大作ですが、劇場で鑑賞してその後もあれこれ考えられる、いまだに体験が続いているような映画です。そんなあれこれ考えたことを、イギリスで鑑賞したフローレンスさんと改めて話してみました。

【podcast245】イギリスの大掃除の季節は「春」その理由とは?

地球の反対側に暮らす イギリス在住の「フローレンス22世」と日本在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ話…

ページ上部へ戻る