© matka All rights reserved.

【デザイン】最近よく見るフラット型ランプシェード

eye catch image : <Enamelshades>のHPのキャプチャ画像。© 2016 Enamelshades
※【デザイン・ギーク】
「ギーク」とは「オタク」のこと。「いいなあ」「素敵だなあ」「ほしいなあ」と思ったデザインがらみのアレコレをここに記録。基本、好きなものばかり。現在はコーヒーと紅茶に関するものを紹介しています。

ここ数年、ランプシェードのトレンドは薄型のようです。

この投稿をInstagramで見る

Industville(@industville)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

J. GLINERT(@jglinert)がシェアした投稿

インダストリアル的インテリアの場所では、エナメルのランプシェードが多いですが、最近は薄型を越えて「フラット(平ら)」のものをよく見かけます。

この投稿をInstagramで見る

The New Craftsmen(@thenewcraftsmen)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

The New Craftsmen(@thenewcraftsmen)がシェアした投稿

我が家の居間はずっとコード長めで裸電球を垂らしていました。

人が来ると電球をフェラメントに変えたりして楽しみつつ、シンプルなのがいいと思っていました。

この投稿をInstagramで見る

Industville(@industville)がシェアした投稿

↑こちらは我が家ではありませんよ。こんな素敵なお家に住んでいません。でもまあこんな感じに垂らしています。うちのはIKEAのコードと電球ですが。

でも正直ちょっと飽きてきました。「そろそろランプシェードが欲しい…」と本気で思って約2年。本気なのに、なかなか探せないでいました。

レストランやカフェ、ホテルなどで「まっ平のシェード」を見かけるたびに

一体どこで売っているんだろう…

と眺めていたのですが、私が行くお店やネットショップで全然探せず。

検索の仕方が悪かったのかもしれません。

最近やっとやっと「まっ平シェード」を探しあてました。しかも買えそうな値段!!涙

今、絶賛ほしくてたまらないのはこちら↓です。

↑<Enamelshades>のキャプチャ画像より。ランプシェードとコード、ソケット、シーリングローズ込みで値段は59ポンド(現在のレートで約8100円、送料別)。

この投稿をInstagramで見る

Enamel Shades(@enamelshades)がシェアした投稿

↓ほしいのは小さい方です。

この投稿をInstagramで見る

Enamel Shades(@enamelshades)がシェアした投稿

「DISC」というシリーズで、色は黒と真鍮、サイズも2種類あります。

この投稿をInstagramで見る

Enamel Shades(@enamelshades)がシェアした投稿

まるでCDみたいな平っぷりです。

真鍮の小さい方を2つ、我が家のリビングに垂らしたいと思っているのですが、現在まだロックダウンが継続中。天井の配線をいじらないと取り付けできないため、自力で取り付け出来ない場合は電気屋さんに来てもらう必要があります。

しかしまだ緊急時以外は電気屋さんに来てもらえません。ですのでロックダウンが明けるまで購入を待つことに。

心が決まると早く買いたくて仕方ないのですが、2年も待ったのだからもう少し我慢。

早く新しいランプシェードの下で、コーヒーをゆっくり飲む日が楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast75

【podcast75】長谷川町子さんの作品について語る

今回は、フローレンスが子供のときから愛してやまない長谷川町子さんの作品について語りました。

20209/21

【今日の云々:カルチャー日記 in London】9月21日(月)〜更新中「現在、玉木宏と高橋一生に翻弄され中」

今週はバタバタ忙しいのに、本日もかなり無理してジムに行った理由はただ1つ、『竜の道』5話が見たいから! これ見ると、走るの大っ嫌いなわたくしがいつもより長めに走れてしまうのだから、凄いのです。

Photo by Clay Banks on Unsplash

20209/21

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】9月14日(月)〜9月20日(日)

amazonオリジナルドラマ『The Boys ザ・ボーイズ』シーズン25話視聴。前から思ってましたが、MMが知性と冷静さと優しさを兼ね備えた人で、つくづくいいひと。ヒューイとブッチャーの関係の定着がホッとする一幕も。凶暴なお兄ちゃんと温和な弟なんだね。ホームランダーの地位の揺らぎ、そして、とうとう最悪のカップル誕生しちゃったよ。

20209/20

【今日の云々:カルチャー日記 in London】9月14日(月)〜20日(日)

今週は『レイルウェイ』のレビューを書くだけで勝手に息切れ。お恥ずかしい。今週見たものをざざっとプレイバック。

20209/20

【お知らせ】「コロナ禍で「庭付き戸建て」のブーム到来、不動産マーケットが活況に!」Pen オンライン版配信

『Pen Online(雑誌『Pen』オンライン版)』さんの【コロナと闘う世界の都市から】のコーナーで、ロンドンの情報を書かせていただいています。

ページ上部へ戻る