© matka All rights reserved.

【デザイン】一見“古典柄”、実は風刺満載のお皿「Brexitware」

※【デザイン・ギーク】
「ギーク」とは「オタク」のこと。「いいなあ」「素敵だなあ」「ほしいなあ」と思ったデザインがらみのアレコレをここに記録。基本、好きなものばかり。現在はコーヒーと紅茶に関するものを紹介しています。

新型コロナウィルスが本格化して以来、1月末にイギリスがEUを離脱したことを忘れがち。

EU側との離脱交渉は当然のことですが、まったく進んでいない様子。そのことも個人的にはとてもとても気になっています。

昨年からミュージアムショップに行くと何度も見かけていた、こちらのプレート。

この投稿をInstagramで見る

Brexit Ware(@brexitware)がシェアした投稿

一見、よく見かける「ブルーウィロー」のパターンだけど、ビッグベンが傾いていたり、★星のマークがついていたりとよく見るとちょっと違うのです。

ブルーウィローとは?
18世紀にイギリスで生まれた絵柄。青色で柳(ウィロー)と男女の悲哀の様子が描かれた、中国風(シノワズリー)の柄を指す。

↑傾いているビッグベンに、折れた橋(国境遮断を意味しています)。

これは【Brexitware(ブレグジットウェア)】のブランド名で発売されている、ブレグジットをモチーフとした食器シリーズのサイドプレート(直径21cm)。

絵柄には12ものブレグジットにまつわる物語が描かれています。

ブレグジットについては、ワタクシは選挙権はないものの反対の立場なので怒り心頭です。「この怒りを忘れないでいたい」という思いもあり「買おうかな」と思っていたのですが、見かけるときに限って重い荷物を持っていたりとタイミングが悪く、見送っていました。

そうこうしているうちにロックダウンになってしまったので現在も未入手のまま。オンラインでも購入可能ですが、V&Aに売っていたのでロックダウンが明けたら買いに行こうと思っています。

ここ数年ブルーウィロー・パターンが気になっていて、アンティークマーケットに行ってはコツコツ買っているのですが、こちらはただのブルーウィローではなく、物語があるのがよいところ。

ケーキ&ビスケット用にもちょうどよく、食事のときも中皿として使いやすそう。

このブレグジットウェアシリーズで、見た途端に思わず噴き出してしまった商品があります。

この投稿をInstagramで見る

Brexit Ware(@brexitware)がシェアした投稿

「ハード・ブレグジット(強硬な離脱)」と「ソフト・ブレグジット(穏便な離脱)」を巡って侃侃諤諤やっていた過去3年間を思い出します。ハードとソフトは卵の茹で具合にも使う言葉なので、その辺を面白く商品化したもの。

この辺の風刺がイギリスらしくて笑えます。なんでも風刺に変え、ひねりの効いた嫌味で返す― イギリス人は本当に上手です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast128】宴会シーズンにはコレ!結婚式でウケたおすすめクイズ

こんにちは。ロンドン在住のフローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(と…

【podcast127】ロンドンの代替ミルクのトレンドは「コレ!」

今回は代替ミルクのトレンド in London について話しました。日本では「代替ミルク」と言えば豆乳が王様で、次にアーモンドミルク、ライスミルク…という感じだと思います。

podcast126.jpg

【podcast126】憧れの女性

先日、NHK「あさイチ」9月17日放送の「プレミアムトーク 中谷美紀さん」を拝見して、大学生の頃からの憧れだった中谷美紀さんが、時を経てさらに魅力が増している!と感動。憧れる女性について、フローレンスさんとあーだこーだと話してみました。

【podcast125】「在外選挙制度」について話す

マトカの2人は選挙に欠かさず行っていますが、ロンドンに暮らすわたくし、フローレンスは「在外選挙制度」という方法で選挙しています。そこで今回は、「在外選挙制度って何?」について話しました。

【絵葉書通信21】from Yoko in Tokyo

東京で行われていた某スポーツ大会(後半)の最中に書いた陽子さんからのハガキが、このスポーツ大会を1秒も見なかったロンドンのわたくしの元に届…

ページ上部へ戻る