© matka All rights reserved.

20206/7

【写真交換日記216】from London:ゆるゆる・だらだら糖質制限ダイエッターに嬉しい「アーモンド・オレンジケーキ」

マクビティの話を長々続けてしまうのですが、そういえばヨウコさんはプレーン派なのね。

こちらではチョコレートの掛かったダイジェスティブ・ビスケットの方がよく見ますよ。

この投稿をInstagramで見る

Slimming World Foodie(@em_ily53)がシェアした投稿

私はどちらかというと、チョコレート派かな…。

と、フツーのお菓子もキッチリ食べているのですが、実は長いことゆるゆる・ダラダラと糖質制限をやっている、万年ダイエッターでもあります。

食事の方の糖質制限は「白米」「パン」「パスタ」を控えるぐらいのことなので簡単なのですが、お菓子類で糖質制限を目指そうとすると、まあまあ大変。

なのできっちり厳格になんぞやってはいませんので「ゆるゆる・だらだら糖質制限」ではあるのですが、そんなわたくしがはまっているのが、こちらのアーモンド・パウダーで作るオレンジ・ケーキです。

アーモンドは糖質が低いナッツとして有名です。

ロックダウン以来、全然出かけていないので、週末もまったり家で過ごしております。なのでポッドキャストでも話した、「美しい容姿と雑な手さばきのコントラストがたまらない」ナイジェラ・ローソン様の動画にますますどっぱまっておりますが、このアーモンド&オレンジケーキはナイジェラ様動画に登場するケーキの中でも「簡単度」と「適当でよさそう度」がダントツ1位なうえ、小麦粉不使用ケーキだったので作ってみたのがきっかけ。

オレンジ(果糖ですね)を使ってはいるのですが、グラニュー糖の代わりにダイエットシュガーや「ラカント」を使えば普通のケーキよりはかなり糖質すくないかなあと。

ナイジェラ様のレシピ通りに作って、いまいちだった点を自己流でやや改良。現在はこんな感じ↓のケーキに落ち着いております。

オレンジを煮るのに時間はかかりますが難易度は超低いです。レシピを下にご紹介しますので、機会があったらお試しくださいませ。コーヒーに紅茶にもよく合いますが、おすすめは紅茶。ストレートティにぴったりです。

甘みはいかようにも調整可能。糖質高めを気にしない人は、たっぷり入れても大丈夫。もっと甘くしたい人は、マーマレードを上に塗ってみてください。ホイップクリームと合わせても美味ですよ。

↓コチラの動画を1度チラ見すると、「このぐらい」の容量が動画で分かります。英語が分からなくても、雰囲気はつかめます。

材料:
オレンジ(できれば無農薬のもの)2個
アーモンド・パウダー 375g
グラニュー糖 1 .5カップ(私はダイエットシュガーを使用。量はもっと減らしても増やしてもOK)
卵 6個
ベーキングパウダー 小さじ2
バニラエッセンス 小さじ1
(あれば)アマレット等のリキュール 小さじ1

作り方:
① オレンジ(丸ごと。切らない)と水を鍋に入れ、コトコトと2時間程度煮る。目安は皮が柔らかく、搾れるぐらい。
② ①を軽く絞り、ブレンダーにかけてピューレ上にする
③ ②と残りの材料を混ぜる
④ ③をクッキングシートを敷いたケーキ型にいれ、220度に温めておいたオーブンに入れて40分程度焼く
⑤ 良い感じに膨らみ、黄金色になったらできあがり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast128】宴会シーズンにはコレ!結婚式でウケたおすすめクイズ

こんにちは。ロンドン在住のフローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(と…

【podcast127】ロンドンの代替ミルクのトレンドは「コレ!」

今回は代替ミルクのトレンド in London について話しました。日本では「代替ミルク」と言えば豆乳が王様で、次にアーモンドミルク、ライスミルク…という感じだと思います。

podcast126.jpg

【podcast126】憧れの女性

先日、NHK「あさイチ」9月17日放送の「プレミアムトーク 中谷美紀さん」を拝見して、大学生の頃からの憧れだった中谷美紀さんが、時を経てさらに魅力が増している!と感動。憧れる女性について、フローレンスさんとあーだこーだと話してみました。

【podcast125】「在外選挙制度」について話す

マトカの2人は選挙に欠かさず行っていますが、ロンドンに暮らすわたくし、フローレンスは「在外選挙制度」という方法で選挙しています。そこで今回は、「在外選挙制度って何?」について話しました。

【絵葉書通信21】from Yoko in Tokyo

東京で行われていた某スポーツ大会(後半)の最中に書いた陽子さんからのハガキが、このスポーツ大会を1秒も見なかったロンドンのわたくしの元に届…

ページ上部へ戻る