© matka All rights reserved.

201811/7

【今日の云々】イギリスは空前の〝ベジ”ブーム by Hanako

何度か書いていますが、ワタクシ、この数年「やや」糖質制限実践中です。

「やや」というぐらいなのでまあまあ緩めです。揚げ物の衣は「ないこと」にしてるし、ホワイトソースの小麦粉も「見えない」のでまあいいか。外食で遭遇してしまう素晴らしく美味しそうなスイーツは一口ぐらいは食べているし、「ごちそうしてもらうご飯」については「糖質制限」の看板を一時取り下げ、心置きなくおいしくいただいております。でもまあ、基本的には「あんまり糖質食べないよ」という方針でやっております。

炭水化物が「基本NG」となると、本当に食べられるものが減ってしまう。お腹にたまるものがないし、もっと困るのは「携帯できるおやつ」がなくなってしまうこと。外出先で「ちょっとパン」とか「ちょっとおせんべ」とかをなるべく避けたいのだけど、「ちょっと」つまめる糖質ではないものはナッツぐらいしかないのです。でもナッツって割とヘビーなので、いつもいつも食べたいわけでもない。

世の中は炭水化物に満ち満ちていることを、糖質制限を初めて認識した次第。

…と、まあまあ苦労しながら続けている糖質制限生活。続けていられるのは効果を感じているからなのですが、それでもまあ、大変です。

糖質制限でまあまあ大変なのだから、「ベジタリアン」「ビーガン」はもっと大変なのではないかな、と思っていました。嗜好については人それぞれなので、肉や魚を食べなくても「特に欲しない」人は多いと思います。でも自宅にいるときはいいとして、外出先で「ベジタリアン」「ビーガン」用の食べ物を常に確保するのはまあまあ大変なのではなろうか?

ところが、この3年ほど、イギリス、特にロンドンは「ベジタリアン」「ビーガン」がブームなのです。略して「ベジブーム」と呼ばれています。特に卵や牛乳を含む、動物性のものを一切食さない「ビーガン」が大きなトレンドになっており、ロンドンで「ベジカフェ」「ベジレストラン」が本当に増え、レストランでもベジタリアン用のメニューは拡大しています。

ワタクシが糖質制限開始以来、いまだかつてないほどに肉を食べているので「ベジタリアン」「ビーガン」の苦労は本当の意味では分かりません。しかし日頃「ベジタリアン」「ビーガン」食を探しているわけでは全くないワタクシでも、「増えたなあ」と思うぐらいなので「ベジブーム」の規模は相当なのだと思います。

そんなイギリスでの「ベジブーム」、そしてベジタリアン用の代用肉について「ポテンシィ」さんで書きました。

リンクはコチラから。読んでくださると嬉しいです(ペコリ)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast183】これも冬支度の1つ。4回目のコロナワクチン打ちました。

今回は先週4回目のコロナワクチンを打ったフローレンスと、昨日打ったばかりの耳さんで「4回目のコロナワクチン」について話しました。

podcast182

【podcast182】張り紙とハラスメント(ある喫茶店で思ったこと)

まだまだコロナ以前とはいきませんが、飲食店はほぼ通常営業し、お店でのコミュニケーションも増えてきた今日この頃ですが、先日立ち寄った喫茶店のドアでとても印象に残る張り紙を見ました。

【podcast181】日本⇒欧州に行くなら「絶対おすすめ深夜発フライト!」その理由

今回は、日本⇒ロンドン便で連続利用している「深夜発フライト(深夜便)」の良さについて力説しました。

podcast180

【podcast180】誰しも熱く語りたくなる!座ってるだけで体が熱くなる!映画『RRR』

179分。それがお薦めする映画『RRR』の上映時間です。誰しも見る前は「長いな〜〜」と思うでしょうが、あら不思議!怒涛の展開に熱狂している間にエンドロール迎えています。

【podcast179】今こそ思う「スゴイよ、ジュリー(沢田研二)」

今回は、最近わたくしがYoutubeでヘビロテ再生しているジュリーこと「沢田研二」さんの凄さについて話しました。

ページ上部へ戻る