© matka All rights reserved.

20183/30

前のめりでスキップ(ロンドン日報)「メガネとワタクシ」by hanako

※【前のめりでスキップ(ロンドン日報)】
かなりせっかちで前のめり。急がば周れないばかりか、地団駄踏んで転んでる。プリプリ怒って日が暮れる。そんなハナコのロンドン暮らしの絵日記。あまりロンドンぽくなくてすいません。

小学生のときからド近眼。ずっと外出時はコンタクト、家ではメガネをかけてウン十年。しかし寄る年波に勝てないとか、メガネでいろいろ隠したいとかいろんな理由があり、最近外出時でもメガネを愛用中。
風が強い寒い日にかけていると「風よけになって暖かい」という、想定外の良さもあり。たいへん気に入っており、すっかり今や「メガネの人」に。

「メガネの人」になったのをきっかけに、良い感じのメガネ探しも開始。「レトロな丸フレーム」「深い茶色」「フレームやや太めの」ものを探しているけれど、なかなか「理想のメガネ」に出会えない。メガネ探しは今後も続く。

実はもう何年も前から「メガネの人」になりたかったのだけれど、躊躇していたのには理由がある。それは「まつげエクステを諦められなかったから」。私と「まつげ」をめぐる心の旅は深く、長い。

「つけま(つけまつげ)」と運命の出会い→「自まつげ=つけま」の蜜月期間3カ月→つけま用糊にかぶれてしまう→世界中探しまくってお肌に優しいつけま探し→かぶれを回避でき「ほっと一安心」の3カ月→どんな糊をつかってもかぶれてしまう…の絶望→「長いまつげ」を諦めきれず、エクステに転向→数年「エクステ=自まつげ」の蜜月期間→次第に自まつげが薄くなる→自まつげがほぼ消滅。

ここまで約7年。

こんな経緯で昨年泣く泣く「エクステ一時休業」せざるを得なくなり、それでメガネに…って、「エクステとメガネに何の関係が?」って思いますよね? これが関係アリアリなのです。ワタクシ、鼻がどうしようもなく低いため、まぶたとガラス部分の距離が異様に近い。エクステした状態でメガネをかけると、メガネのガラス部分に嘘まつげ(エクステ)がバッサバッサと触ってしまうので瞬きができなくなってしまう。

そんな理由でこれまで「メガネの人」になりきれなかったワタクシが、エクステ休業により実現することに。「まつげ消滅」のおかげさま(笑)。

このまますんなりメガネ道に…とも思うけれど、でも自まつげ復活の暁には「メガネか?エクステか?」の選択を迫られるはず。どっちを取るか?いまだ分からず。

今現在、こーんなにメガネが気に入っているものの、実は…「エクステ」を取ってしまう気もしている今日この頃。「エクステ」の魅力もそこそこ強烈なのだからして…(笑)。さてどうなるか。

===

「前のめりでスキップ」はInstagramでも更新しています。良かったらチラ見してください。
https://www.instagram.com/hanako_london/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20211/20

【写真交換日記232】from London「年末年始ふりかえり」

この間クリスマスがやってきて、つい先日大晦日になり、そして一昨日ぐらいにお正月だったはずなのですが、恐ろしいことにもう1月も後半。このまま…

【podcast91】イギリス発・最近視聴したおススメ2本(ドキュメンタリー&ドラマ)『The Mole: Infiltrating North Korea(モグラ:北朝鮮への潜入取材)』『ザ・サーペント(毒蛇)』

こんにちは。ロンドン在住のフローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(と…

20211/16

【今日の云々:カルチャー日記 in London】2021年1月11~14日:罪悪感なし人生ってどんなだろ?BBCドラマ『The Serpent(毒蛇)』、TBSラジオ『セッション』(成人の日・新聞社説読み比べ)にブヒブヒ笑う

シリアルキラー、シャルル・ソブラジについてこのドラマを見るまで全く知らなかったのですが、オサレな作りが目に楽しく、ソブラジの手軽に殺人していく奇妙さに眉を顰めつつで最後まで興味深く見切りました。

20211/15

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2021年1月15日(金):「断らなくてもいいのに」

夫のヒトは昨年3月から1度も出社せず在宅勤務。別の部屋で仕事をしているので、夜仕事が終わるまではあまり顔も合わせません。

タイプライター

20211/14

コロナ禍だからこそのヒット要因?アニメ映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』と『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の斜め評(ネタバレなし)

コロナ禍の年末の映画館、2作品とも公開からだいぶ経っているというのに、密を避ける1席空けではなくなった劇場の席はほぼ満席に近い状況だった。…

ページ上部へ戻る