© matka All rights reserved.

20208/7

【調べてみました】ガトーショコラとチョコレートブラウニーの違いとは?

「なぜ?」「どうして?」「分からない?」を1日中検索しているうちに日が暮れる…そんな日々を送っているマトカの2人。知りたいことを調べてみました。現在は、コーヒー紅茶関連や、周辺の美味しいそうなモノ・コト中心に調べています。

最近、お菓子づくりにはまっております。

小麦粉を使わない糖質制限スイーツを中心に作っているですが、中でもガトーショコラは定番です。高カロリーな上にダイエットの敵のような扱いのチョコレートですが、無糖チョコレートに含有されている糖質は大変低く(ココアパウダー100gに含まれる糖質は1.8g)、「カロリーは気にしないけれど糖質は気にする」わたくしにとって、チョコレートは有難い素材です。

ある日、こんな疑問が頭をよぎりました。

「わたし、このケーキをガトーショコラって呼んでいるけど、チョコレートブラウニーにも見えるよなあ。一体ガトーショコラとブラウニーの差って何?」

同じものなの?
違うものなの?
違うんだったら、違ってなあに?

で、調べてみました。

■ガトーショコラとは?

正しくは「Gâteau au chocolat (ガトー・オ・ショコラ)」。フランス語です。このフランス語を英語にすると「Cake at Chocolate」つまり、「チョコレートケーキ」という意味です。

実は「ガトー・オ・ショコラ」はかなり…広義なことが分かります。

しかし一般的に「ガトー・オ・ショコラ」と言うときに思い出すのは、チョコレートの味が濃く、スポンジケーキほどふわふわしていないみっしりと身の詰まった濃厚ケーキだと思います。

レシピをいろいろ見る限り、小麦粉の量が少ない、または入れなくても作れるチョコレートケーキです。卵は全卵と白身に分け、白身をメレンゲにしてさっくり混ぜているので、ほどよい柔らかさがあります。加え「しっとり感」もあるのが特徴です。

わたくしの糖質制限版「ガトーショコラ」レシピはこちらです。小麦粉不使用です。

■チョコレートブラウニー

こちらはアメリカが発祥のケーキ。小麦粉をしっかり入れ、また白身と黄身を分けずに全卵を混ぜ込みます。四角い型に流して薄めに切り、四角に切り分けるタイプをよく見ます。

やや硬めのものが多く、ふわふわ感はありません。小さな1個で「食べました」感が味わえる濃厚ケーキです。ナッツを混ぜたり、表面に照りを付けたりする場合もあります。

=== ===

まとめると
●小麦粉の量:ブラウニー>ガトーショコラ
●白身を泡立てるのはガトーショコラ、全卵を混ぜ込むのはブラウニー
●柔らかさ:ガトーショコラ>ブラウニー
●しっかりした触感(固さ):ブラウニー>ガトーショコラ
●形:ブラウニーは四角型が多い

どちらもチョコレートケーキであることには変わりませんが、「一般的に」この2つのケーキを差別化するときは上記を目安にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast182

【podcast182】張り紙とハラスメント(ある喫茶店で思ったこと)

まだまだコロナ以前とはいきませんが、飲食店はほぼ通常営業し、お店でのコミュニケーションも増えてきた今日この頃ですが、先日立ち寄った喫茶店のドアでとても印象に残る張り紙を見ました。

【podcast181】日本⇒欧州に行くなら「絶対おすすめ深夜発フライト!」その理由

今回は、日本⇒ロンドン便で連続利用している「深夜発フライト(深夜便)」の良さについて力説しました。

podcast180

【podcast180】誰しも熱く語りたくなる!座ってるだけで体が熱くなる!映画『RRR』

179分。それがお薦めする映画『RRR』の上映時間です。誰しも見る前は「長いな〜〜」と思うでしょうが、あら不思議!怒涛の展開に熱狂している間にエンドロール迎えています。

【podcast179】今こそ思う「スゴイよ、ジュリー(沢田研二)」

今回は、最近わたくしがYoutubeでヘビロテ再生しているジュリーこと「沢田研二」さんの凄さについて話しました。

podcast178

【podcast178】結婚にまつわる名言に物申す

人生の一大イベントである「入籍」ですが、共に歩む「結婚(生活)」は日々の積み重ね。多くの著名人が「結婚」にまつわる名言を残しています。その中には結構な「迷言」も。その名言たちにあれこれツッコミながら、「結婚」の先輩であるフローレンスさんと話してみました。

ページ上部へ戻る