© matka All rights reserved.

20208/7

【調べてみました】ガトーショコラとチョコレートブラウニーの違いとは?

「なぜ?」「どうして?」「分からない?」を1日中検索しているうちに日が暮れる…そんな日々を送っているマトカの2人。知りたいことを調べてみました。現在は、コーヒー紅茶関連や、周辺の美味しいそうなモノ・コト中心に調べています。

最近、お菓子づくりにはまっております。

小麦粉を使わない糖質制限スイーツを中心に作っているですが、中でもガトーショコラは定番です。高カロリーな上にダイエットの敵のような扱いのチョコレートですが、無糖チョコレートに含有されている糖質は大変低く(ココアパウダー100gに含まれる糖質は1.8g)、「カロリーは気にしないけれど糖質は気にする」わたくしにとって、チョコレートは有難い素材です。

ある日、こんな疑問が頭をよぎりました。

「わたし、このケーキをガトーショコラって呼んでいるけど、チョコレートブラウニーにも見えるよなあ。一体ガトーショコラとブラウニーの差って何?」

同じものなの?
違うものなの?
違うんだったら、違ってなあに?

で、調べてみました。

■ガトーショコラとは?

正しくは「Gâteau au chocolat (ガトー・オ・ショコラ)」。フランス語です。このフランス語を英語にすると「Cake at Chocolate」つまり、「チョコレートケーキ」という意味です。

実は「ガトー・オ・ショコラ」はかなり…広義なことが分かります。

しかし一般的に「ガトー・オ・ショコラ」と言うときに思い出すのは、チョコレートの味が濃く、スポンジケーキほどふわふわしていないみっしりと身の詰まった濃厚ケーキだと思います。

レシピをいろいろ見る限り、小麦粉の量が少ない、または入れなくても作れるチョコレートケーキです。卵は全卵と白身に分け、白身をメレンゲにしてさっくり混ぜているので、ほどよい柔らかさがあります。加え「しっとり感」もあるのが特徴です。

わたくしの糖質制限版「ガトーショコラ」レシピはこちらです。小麦粉不使用です。

■チョコレートブラウニー

こちらはアメリカが発祥のケーキ。小麦粉をしっかり入れ、また白身と黄身を分けずに全卵を混ぜ込みます。四角い型に流して薄めに切り、四角に切り分けるタイプをよく見ます。

やや硬めのものが多く、ふわふわ感はありません。小さな1個で「食べました」感が味わえる濃厚ケーキです。ナッツを混ぜたり、表面に照りを付けたりする場合もあります。

=== ===

まとめると
●小麦粉の量:ブラウニー>ガトーショコラ
●白身を泡立てるのはガトーショコラ、全卵を混ぜ込むのはブラウニー
●柔らかさ:ガトーショコラ>ブラウニー
●しっかりした触感(固さ):ブラウニー>ガトーショコラ
●形:ブラウニーは四角型が多い

どちらもチョコレートケーキであることには変わりませんが、「一般的に」この2つのケーキを差別化するときは上記を目安にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202012/3

【ドキュメンタリー】何年経とうと美化してはいけない:Nスぺ『三島由紀夫 50年目の“青年論”』、ETV特集『転生する三島由紀夫』

三島由紀夫が自衛隊市ヶ谷駐屯地で自殺したのは1970年(昭和45年)11月25日。没後50年、2本の番組をNHKが放送したので視聴した。

川

202012/2

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】11月16日(月)〜11月29日(日)異世界で現実逃避、かたやドキュメンタリーに打ちのめされる

毎年のことですが、もう12月。今年は朝ドラや大河ドラマが中断したり、映画も公開延期になったりして(007の新作を早く観たい!)、カルチャーも様々変更を余儀なくされた年でした。そんな中でもアニメ映画もテレビも比較的コロナ禍でも強いコンテンツかもしれないですね。

202011/29

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2020年11月28日:「まだ来てないけど…」

ワタクシ大変神経質なたちでして、いままで「ほこりの舞」やら「ちょっとしたチリ」が気になって気になって大変でした。

podcast85

【podcast85】過去の炎上広告から考えるジェンダー

最近、世の中のジェンダー平等への意識の高まりを感じつつ、ジェンダーギャップについて考えることが多い今日この頃です。本来であれば、新しい価値観を提案して欲しい広告ですが、いまだにどうしても旧来の「男らしさ」「女らしさ」を求める広告や、性別役割分業を想起させるステレオタイプ的な広告も多く、結果炎上→謝罪…。そんなことから、ジェンダーについて、あれこれ話してみました。

202011/28

【今日の云々:カルチャー日記 in London】2020年11月23日~29日「三島由紀夫、英ドラマ『Life』、ISからの帰還、『テロルの決算』」

この番組、放送前から楽しみにしていました。いままでとは違う角度からの三島論だったのでその点では興味深かったものの、内容的には不満足。

ページ上部へ戻る