© matka All rights reserved.

202011/3

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】10月19日(月)〜11月1日(日)

先日、俳優のショーン・コネリーさんがお亡くなりになりました。私の洋画の原点はショーン・コネリーがジェームス・ボンドを演じた『007』シリーズでした。『007は二度死ぬ』で日本人女性のボンドガール(浜美枝さんと若林映子さん)を観て、密かに私もボンドガールになれるのではないかと、幼心に期待を膨らませた時もありました(遠い目….)。

アニメ『夏目友人帳』陸

5.0 out of 5.0 stars

ついに、現在あるアニメはシーズン6まで全て見終わってしまいました。寂しい…。どのエピソードも素晴らしくって、しばらくしたらもう一周します。

アニメ公式サイトはこちら

アニメ『呪術廻戦』

4.8 out of 5.0 stars

4話まで視聴。ここのところ、ずっと穏やかな『夏目友人帳』を見ていたので、同じような人には見えない者を相手にするアニメでも『呪術廻戦』はずいぶん激しいな。と思ったのですが、単純に面白いです。『デビルマン』+『ドラゴンボール』+『寄生獣』+『幽☆遊☆白書』という印象。ジャンプ作品なので、「呪い」というテーマでダークだけれどダーク過ぎない世界観も見やすいし、アクションも見応えあります。主人公の身体を共有する「特級呪物」とのやりとりもこれからどうなるか面白そう。

アニメ公式サイトはこちら

アニメ『体操ザムライ』

3.5 out of 5.0 stars

2話まで視聴。男子体操がテーマのアニメって初めてではないだろうか?体操の動きをアニメーションでどこまで表現できるかが、肝になりそう。今のところあまり体操シーンはないのですが….。

アニメ公式サイトはこちら

アニメ『ヴァイオレットエヴァーガーデン 外伝』

5.0 out of 5.0 stars

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を観たいと思いつつ、まだ行けていないのですが、11月13日から「作品への深い没入感を劇場で体験できる“ドルビーシネマ”版が公開決定」とのニュースが報じられたので、13日以降に観に行こうと思います。そんな訳で、Netflixで配信中の『ヴァイオレットエヴァーガーデン 外伝』を観ました。

『ヴァイオレットエヴァーガーデン』シリーズから世界観はそのままに、ヴァイオレットが本来の仕事である「手紙代筆行業」ではなく、「家庭教師」として派遣される。家庭教師をする戦争による悲しい過去を持つ少女と、別れた妹との後日談が、ヴァイオレットによって繋がるところが、自然な流れで感動的。アニメーションについては言わずもがなで最高に美しい…。はあ。

美しいアニメーションを堪能すればするほど、「京アニ」への放火事件で犠牲になった方々に思いをはせずにはいられないです…。

=====

アニメ以外も観たり読んだりしているのですが、別でまたレビューさせていただきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast167】宗教2世について考える

今回は現在話題になっている「宗教2世」について耳さんと話しました。「宗教2世」はカルトだけではなく、伝統宗教にもたくさんいます。フローレンスはこの10数年クリスチャンですが、自分で洗礼を受ける決断をしたので宗教2世ではありません。でも、周りに宗教2世はたくさんいます。

podcast166

【podcast166】2022年上半期TVニュースランキングについて話してみる

人の話を聞いていて、「ん?」それってどうなの?それは違くないか?と思うことはないですか?人の話だけでなく、日常には「ん?」という違和感がたくさん存在しているように思います。その人(こと)は特に何の悪気もなければ、何ならいいことを言っているていなので流してしまいがちなことも、「違和感」は拭えなく…そんな日常の「違和感」のお話です。

【Podcast165】猛暑40度→今日は23度。地球がおかしい… in London

今回のポッドキャストを録音したのは7月22日(金)でしたが、7月18日(月)と19日(火)はロンドンな~んと40度!まで上がりました。

【Podcast164】「無知の罪」―「知らないで済ます」が社会を壊す?(偉そうでごめんなさい。でもモヤってます)

こんにちは。フローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)…

podcast163

【podcast163】日常の違和感をお大事に…できれば対処してみよう

人の話を聞いていて、「ん?」それってどうなの?それは違くないか?と思うことはないですか?人の話だけでなく、日常には「ん?」という違和感がたくさん存在しているように思います。その人(こと)は特に何の悪気もなければ、何ならいいことを言っているていなので流してしまいがちなことも、「違和感」は拭えなく…そんな日常の「違和感」のお話です。

ページ上部へ戻る