© matka All rights reserved.

202011/3

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】10月19日(月)〜11月1日(日)

先日、俳優のショーン・コネリーさんがお亡くなりになりました。私の洋画の原点はショーン・コネリーがジェームス・ボンドを演じた『007』シリーズでした。『007は二度死ぬ』で日本人女性のボンドガール(浜美枝さんと若林映子さん)を観て、密かに私もボンドガールになれるのではないかと、幼心に期待を膨らませた時もありました(遠い目….)。

アニメ『夏目友人帳』陸

5.0 out of 5.0 stars

ついに、現在あるアニメはシーズン6まで全て見終わってしまいました。寂しい…。どのエピソードも素晴らしくって、しばらくしたらもう一周します。

アニメ公式サイトはこちら

アニメ『呪術廻戦』

4.8 out of 5.0 stars

4話まで視聴。ここのところ、ずっと穏やかな『夏目友人帳』を見ていたので、同じような人には見えない者を相手にするアニメでも『呪術廻戦』はずいぶん激しいな。と思ったのですが、単純に面白いです。『デビルマン』+『ドラゴンボール』+『寄生獣』+『幽☆遊☆白書』という印象。ジャンプ作品なので、「呪い」というテーマでダークだけれどダーク過ぎない世界観も見やすいし、アクションも見応えあります。主人公の身体を共有する「特級呪物」とのやりとりもこれからどうなるか面白そう。

アニメ公式サイトはこちら

アニメ『体操ザムライ』

3.5 out of 5.0 stars

2話まで視聴。男子体操がテーマのアニメって初めてではないだろうか?体操の動きをアニメーションでどこまで表現できるかが、肝になりそう。今のところあまり体操シーンはないのですが….。

アニメ公式サイトはこちら

アニメ『ヴァイオレットエヴァーガーデン 外伝』

5.0 out of 5.0 stars

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を観たいと思いつつ、まだ行けていないのですが、11月13日から「作品への深い没入感を劇場で体験できる“ドルビーシネマ”版が公開決定」とのニュースが報じられたので、13日以降に観に行こうと思います。そんな訳で、Netflixで配信中の『ヴァイオレットエヴァーガーデン 外伝』を観ました。

『ヴァイオレットエヴァーガーデン』シリーズから世界観はそのままに、ヴァイオレットが本来の仕事である「手紙代筆行業」ではなく、「家庭教師」として派遣される。家庭教師をする戦争による悲しい過去を持つ少女と、別れた妹との後日談が、ヴァイオレットによって繋がるところが、自然な流れで感動的。アニメーションについては言わずもがなで最高に美しい…。はあ。

美しいアニメーションを堪能すればするほど、「京アニ」への放火事件で犠牲になった方々に思いをはせずにはいられないです…。

=====

アニメ以外も観たり読んだりしているのですが、別でまたレビューさせていただきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast182

【podcast182】張り紙とハラスメント(ある喫茶店で思ったこと)

まだまだコロナ以前とはいきませんが、飲食店はほぼ通常営業し、お店でのコミュニケーションも増えてきた今日この頃ですが、先日立ち寄った喫茶店のドアでとても印象に残る張り紙を見ました。

【podcast181】日本⇒欧州に行くなら「絶対おすすめ深夜発フライト!」その理由

今回は、日本⇒ロンドン便で連続利用している「深夜発フライト(深夜便)」の良さについて力説しました。

podcast180

【podcast180】誰しも熱く語りたくなる!座ってるだけで体が熱くなる!映画『RRR』

179分。それがお薦めする映画『RRR』の上映時間です。誰しも見る前は「長いな〜〜」と思うでしょうが、あら不思議!怒涛の展開に熱狂している間にエンドロール迎えています。

【podcast179】今こそ思う「スゴイよ、ジュリー(沢田研二)」

今回は、最近わたくしがYoutubeでヘビロテ再生しているジュリーこと「沢田研二」さんの凄さについて話しました。

podcast178

【podcast178】結婚にまつわる名言に物申す

人生の一大イベントである「入籍」ですが、共に歩む「結婚(生活)」は日々の積み重ね。多くの著名人が「結婚」にまつわる名言を残しています。その中には結構な「迷言」も。その名言たちにあれこれツッコミながら、「結婚」の先輩であるフローレンスさんと話してみました。

ページ上部へ戻る