© matka All rights reserved.

202011/3

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】10月19日(月)〜11月1日(日)

先日、俳優のショーン・コネリーさんがお亡くなりになりました。私の洋画の原点はショーン・コネリーがジェームス・ボンドを演じた『007』シリーズでした。『007は二度死ぬ』で日本人女性のボンドガール(浜美枝さんと若林映子さん)を観て、密かに私もボンドガールになれるのではないかと、幼心に期待を膨らませた時もありました(遠い目….)。

アニメ『夏目友人帳』陸

5.0 out of 5.0 stars

ついに、現在あるアニメはシーズン6まで全て見終わってしまいました。寂しい…。どのエピソードも素晴らしくって、しばらくしたらもう一周します。

アニメ公式サイトはこちら

アニメ『呪術廻戦』

4.8 out of 5.0 stars

4話まで視聴。ここのところ、ずっと穏やかな『夏目友人帳』を見ていたので、同じような人には見えない者を相手にするアニメでも『呪術廻戦』はずいぶん激しいな。と思ったのですが、単純に面白いです。『デビルマン』+『ドラゴンボール』+『寄生獣』+『幽☆遊☆白書』という印象。ジャンプ作品なので、「呪い」というテーマでダークだけれどダーク過ぎない世界観も見やすいし、アクションも見応えあります。主人公の身体を共有する「特級呪物」とのやりとりもこれからどうなるか面白そう。

アニメ公式サイトはこちら

アニメ『体操ザムライ』

3.5 out of 5.0 stars

2話まで視聴。男子体操がテーマのアニメって初めてではないだろうか?体操の動きをアニメーションでどこまで表現できるかが、肝になりそう。今のところあまり体操シーンはないのですが….。

アニメ公式サイトはこちら

アニメ『ヴァイオレットエヴァーガーデン 外伝』

5.0 out of 5.0 stars

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を観たいと思いつつ、まだ行けていないのですが、11月13日から「作品への深い没入感を劇場で体験できる“ドルビーシネマ”版が公開決定」とのニュースが報じられたので、13日以降に観に行こうと思います。そんな訳で、Netflixで配信中の『ヴァイオレットエヴァーガーデン 外伝』を観ました。

『ヴァイオレットエヴァーガーデン』シリーズから世界観はそのままに、ヴァイオレットが本来の仕事である「手紙代筆行業」ではなく、「家庭教師」として派遣される。家庭教師をする戦争による悲しい過去を持つ少女と、別れた妹との後日談が、ヴァイオレットによって繋がるところが、自然な流れで感動的。アニメーションについては言わずもがなで最高に美しい…。はあ。

美しいアニメーションを堪能すればするほど、「京アニ」への放火事件で犠牲になった方々に思いをはせずにはいられないです…。

=====

アニメ以外も観たり読んだりしているのですが、別でまたレビューさせていただきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast245】イギリスの大掃除の季節は「春」その理由とは?

地球の反対側に暮らす イギリス在住の「フローレンス22世」と日本在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ話…

podcast244

【podcast244】NHK大河ドラマ「光る君へ」と連続テレビ小説「虎に翼」、2人の女性がどう活躍していくかに期待

平安時代の紫式部が主人公の大河ドラマ「光る君へ」と女性初の弁護士となった三淵嘉子さんがモデルの連続テレビ小説「虎に翼」、時代は違えどどちらも女性が男性社会で活躍するドラマという点で共通しているかと思います。

【podcast243】半分失業。そこから始めた実験について。

地球の反対側に暮らす イギリス在住の「フローレンス22世」と日本在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ話…

20244/2

【おいしいもの in London】最高のブリティッシュ・ビーフパイ- Canton Arms, Stockwell, London

ガストロパブとは、「食事もできるパブ」のことです。ロンドンのおいしいガストロパブは東と北に集中しがちですが、ここは中心部からやや南。南の地域でもっとも有名なガストロパブです。

podcast242

【podcast242】おすすめ映画映画『デューン 砂の惑星PART2』レビュー

普段は映画館で飲み物を飲まない私ですが、この映画を観る前には「なんか喉渇きそう」と思って思わずコーラを買ってしまいました。結果正解。壮大な砂漠シーンが目の前に広がり、没入体験を存分に味わえるこの映画は飲み物必須でした。PART1も含めてあれこれ話してみました。

ページ上部へ戻る