© matka All rights reserved.

異世界

202011/17

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】11月2日(月)〜11月15日(日)異世界に飛び込むの巻

年末が近くなり、日常生活がなんだかワサワサしてきたこの頃。私はワサワサを忘れるべく、カルチャーには非日常を求めがちです。そこで、なんとなく避けてきた、今アニメのジャンルとして多くのコンテンツのある、いわゆる「異世界もの」に飛び込んでみることにしました。「異世界」といってもいろいろありますが、大体は主人公が突如、ゲームのロールプレイングのような世界に入り込むというものです。流行の理由はどこにあるのかな。なんて思いながら見てみました。

アニメ『100万の命の上に俺は立っている』

4.0 out of 5.0 stars

6話まで視聴。中学3年生の主人公が未来人(?)の作ったゲーム世界に2ヶ月に1回ぐらい召喚されて、ミッションを遂行するべく奔走するという内容。ゲーム世界なので、ルールで面白さを感じられる工夫があるなと思う。死んでも30秒で生き返ったり(とはいえちょっとと痛い)、レベルを上げると職業を変えられたりなどなど。

アニメの主人公は「非の打ち所がない良い人」、「野心のある良い人」、「才能のある良い人」、「乱暴だけど良い人」、「悩み多き良い人」が大部分だが(ようするに良い人)、このアニメの主人公は性格が良くも悪くもない、環境のせいにして自分の状況を恨む、自己中心的な部分も多いところが逆に好感が持てる。中学3年生なんてそんなもんだよね。どうまわりと協調していけるかが見所かも。

クラスメイトで一足先に異世界に召喚されていた箱崎さんが、平和が前提で考えていた自分の価値観が揺らぐところや、同じくクラスメイトで人気者の美少女 、新堂さんが「異世界」でのみ弱音(ルッキズムにおける辛い過去)を吐けるところなどもいいなと思う。

アニメ公式サイトはこちら

アニメ『呪術廻戦』

4.5 out of 5.0 stars

7話まで視聴。常に目を隠しているキャラの五条先生、いつ顔全体が見れるのかなあ。と思っていたところ、7話でそのイケメンぶり&強さが発揮される。バトルシーンは見応え抜群でした。

アニメ公式サイトはこちら

アニメ『十二国記』

4.8 out of 5.0 stars

2話まで視聴。『十二国記』は、小野不由美の小説シリーズで中国風異世界を舞台にしたファンタジー。アニメはこの小説を元にしたもの。新しい「異世界もの」も見つつ、少し前の「異世界もの」も堪能しようと、見はじめました。2003年にNHKでアニメ化されたものです。「異世界に行くことになった主人公」の反応としては、すごくごもっともな反応。新しい「異世界もの」は異世界に行ったとたんに飲み込み早すぎる気がする…。原作は1991年から続き、いまだ未完。アニメが面白かったら原作も読んでみたい。主人公の下の名前が私と同じところが、時代を感じるよ…。

新潮社公式サイトはこちら

=====

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast182

【podcast182】張り紙とハラスメント(ある喫茶店で思ったこと)

まだまだコロナ以前とはいきませんが、飲食店はほぼ通常営業し、お店でのコミュニケーションも増えてきた今日この頃ですが、先日立ち寄った喫茶店のドアでとても印象に残る張り紙を見ました。

【podcast181】日本⇒欧州に行くなら「絶対おすすめ深夜発フライト!」その理由

今回は、日本⇒ロンドン便で連続利用している「深夜発フライト(深夜便)」の良さについて力説しました。

podcast180

【podcast180】誰しも熱く語りたくなる!座ってるだけで体が熱くなる!映画『RRR』

179分。それがお薦めする映画『RRR』の上映時間です。誰しも見る前は「長いな〜〜」と思うでしょうが、あら不思議!怒涛の展開に熱狂している間にエンドロール迎えています。

【podcast179】今こそ思う「スゴイよ、ジュリー(沢田研二)」

今回は、最近わたくしがYoutubeでヘビロテ再生しているジュリーこと「沢田研二」さんの凄さについて話しました。

podcast178

【podcast178】結婚にまつわる名言に物申す

人生の一大イベントである「入籍」ですが、共に歩む「結婚(生活)」は日々の積み重ね。多くの著名人が「結婚」にまつわる名言を残しています。その中には結構な「迷言」も。その名言たちにあれこれツッコミながら、「結婚」の先輩であるフローレンスさんと話してみました。

ページ上部へ戻る