© matka All rights reserved.

20212/25

【今日の云々:カルチャー日記 in London】2021年2月22日~27日:『ドキュメント72時間』の私的ベスト回、入管法改正、名前のない家事、池内さおりラジオ

■2021年2月22日(月):TBSラジオ『荻上チキ・Session・「名前のない家事」という問題(2021年2月17日(水)放送分)

5.0 out of 5

天気が良かったので久々に外を走ろうかと思い、いつものように『荻上チキ・Session』をスマホのアプリにダウンロードして家を出た。そして聞いたのが生活史研究家・阿古真理さん出演の回。

目からウロコ。そうだそうだ、たくさんの家事には名前がない。でも誰かが手間と時間を掛けてやっているから、家が片付き、ご飯を食べられ、生活が整うのだ。

「家政」や「生活文化」と聞くと、関連事項に美味しかったり素敵なものが多いからつい脳内にほんのりしたイメージが沸き上がっていた。そんな私の昭和な部分が露見した…と恥ずかしい気持ちにもなった。家事ってそういうものじゃないって、自分でも散々言ってたはずなのに。

鋭い視点と的確な言葉で語ってくれて、聞きごたえのある回だった。

■2021年2月23日(火):NHK『ドキュメント72時間・囲碁の魔力に囚(とら)われて+ その後の追加取材・5年後』(2021年2月19日放送分)

5.0 out of 5

2016年に放送した新宿の碁会所を3日間撮影した回の再放送(本編)+5年後のの追加取材「おまけ」ちょこっと、の回。

いろんな人生の人が「碁」という共通言語だけで集まってきて、良い時間を過ごす場所。

この場所があって良かった…と思う人たちの、嬉しそうな背中がすごくよくて、心が温かくなる回だった。

…のだが、本編の後、5年後の現在を撮影した「おまけ」(5分ぐらい)を見て…「これって、大好きな『ドキュメント72時間』の中でも、私的にはベスト回かもしれない」と思った。

2016年放送の本編部分に映った人で「“ちょっと”気になった人」がいた。

静かな佇まいの、品のよさそうな青年。意外な過去と、でもそれを受け入れて静かに微笑む姿が印象的だったのだ。

その後どんな人生を送ったのかな…? 

個性的な面々がものすごくたくさん出演した回なので、みんな印象的なのだが、この青年のことは“ちょっと”心にひっかかり、“ちょっと”気になった。

見終わった後、「その後」の方も見たのだが、まさに私が「“ちょっと”気になった人」の「その後」が映っていたのだ。

ああよかった。「“ちょっと”気になった人」の幸せそうなその後があった。そして“ちょっと”泣きたい気持ちになった。

いろいろあるけど、人生はやはり美しいのかもしれないな。そう思えた、“ちょっと”じゃなくてかなり幸せな回だった。

■2021年2月24日(水):TBSラジオ『荻上チキ・Session・特集「入管難民法・改正案~何が問題なのか?」』

5.0 out of 5

今月19日に閣議決定した、入管難民法の改正について特集した回。ゲストにでていた指宿弁護士の怒りがダイレクトに伝わる回だった。

↓番組サイトからの抜粋:

政府は今月19日、日本からの退去処分を受けた外国人の入管施設での収容が長期化しているなどとして、入管難民法=正式名称、出入国管理及び難民認定法の改正案を閣議決定しました。政府は外国人が一時的に社会で生活できる「監理措置」を新設し、逃亡した場合は罰則を科すなどが、改正の柱となっています。しかし、東京弁護士会は声明で、管理措置の新設について、「全件収容主義が維持されており、対象者に逃亡の危険がない場合など本来なされるべきではない収容を防ぐことは出来ない」としたうえで、監理措置の判断が司法の関与はなく、事実上、入管施設の権限が拡大する問題点を指摘しています。一方、立憲民主党など野党5党は、入管法改正案の対案を参議院に提出。

対案には、独立した難民審査機関を設置し、認定基準を国際的なレベルに合わせることや、収容は、裁判所の許可が得られた場合の例外措置とすることなどが盛り込まれています。

きょうは、今国会で審議が予定されている入管難民法の改正案に対して、なぜ、懸念の声が上がるのか、その問題点を探ります。

TBSラジオ『荻上チキ・Session』より https://www.tbsradio.jp/564913

とてもとてもショックだ。日本ってひどい。

こんな法律の改悪を平気でやるって!

指宿弁護士の憤りが、そのまま心にガッツリきた。この事、調べねば…。

■2021年2月27日(土):『池内さおりラジオ「コミュニストはフェミニスト」Vol .1』

今秋の衆議院選で東京12区から出馬予定の池内さおりさん(日本共産党)のラジオ番組が始まり、Youtubeで視聴した。

『とことん共産党』を毎回楽しみにしているし、池内さんにも頑張ってほしいと思っている。なので、いつもの「どんな番組なのかな」「聞いてみよっと」と、いうぐらいのフツーのノリで聞いたのだが…かなりガッツンと胸に来た。

池内さんがこんなに個人的な体験を吐露していることに驚いた。ここまで話してくれるんだな…と。

池内さんの話に救われた人、きっと多いはず。

重い話ではあったけど、でも池内さんがこんなにジェンダー問題に頑張っている理由が理解できた。

MCの朝岡晶子さんのアシストぶりも絶妙で、ジャストなタイミングで聞きたいことを突っ込んで、リードしている。第1回目とは思えぬ充実の内容。月1更新とのことなので、来月も必ず聞かねば。おススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast103

【podcast103】第93回アカデミー賞予想!&おすすめ作品

第93回アカデミー賞は日本時間4月26日朝からスタートします。コロナ禍で劇場公開作品が少ない中での選考ですが、今回派手なガツンとした作品群ではないけれど、時代を反映した地味な中にもピリリとした味わいの名作揃い(視聴したものでは)。そんなノミネート作品についてあーだこーだ話しながら、賞レースを予想してみました。

【写真交換日記238】from London『復活祭と卵デコレーションとエヴァンゲリオン』

そうか、ヨーコさんはエヴァファンだったのか。ワタクシはエヴァを通らずに過ごしてきましたが、NHK『プロフェッショナル』は感慨深く視聴しました。そして、実はこの番組を見たことで、エヴァを見る気が全くなくなってしまったです(笑)。

20214/6

ランチ小説『フラットメイト』第1話公開「マヌカハニーたっぷりのスパイスティー」

ずっと雑誌や新聞、オンラインに「記事」を書いてきたのですが、「物語」も書いてみたいなあと思うようになりました。この数年のことです。 …

オリンピックすごろく

【podcast102】東京オリンピック・パラリンピックすごろくを作ろう

先月3月25日から聖火リレーがはじまりました。日本ではワクチン接種も進まない中、本当にオリンピック開催するんでしょうか。今一度招致から現在までの「あれこれ」をすごろくにしてみよう!と思い立ち、オリパラにまつわる事件を振り返ってみました。

20214/2

【映画のはなし】トーベ・ヤンソンが教えてくれた「ムーミン」以外のこと。映画『Tove(トーベ)』(ややネタバレ有)

英国映画協会(British Film Institute)が毎年開催しているLGBTQ+映画祭「BFI Flare」。今年も2021年3月17~28日まで開催された。ロックダウン中なのですべてオンライン上映であり、プレス試写もすべてオンライン。家から見られるので有難い。

ページ上部へ戻る