© matka All rights reserved.

20191/23

【写真交換日記179】from London「光ある方へ」

2019年が始まった…ばかりのはずなのに、もう月末ですね。更新遅くなってごめんなさい。

昨年は私にとっては厳しい1年でした。まだまだ父を亡くした悲しみからまったく立ち直れないのですが、それでも前を向いて生きていかなきゃと思う毎日です。昨年は父の看病中心で、このマトカの更新も一緒にやっている仕事も滞りがちでした。陽子さんにたくさん迷惑かけました。でもいつも温かく励ましてくれて本当にありがたかったです。今年は頑張りますので、また気持ちも新たによろしくね。

個人的にはいろいろ頑張りたいことがありますが、世の中を見回すと何だか暗い気持ちになります。日本の政治について読んだり・見たり・聞いたりするたびに地団駄を踏む気持ちです。私は戦争を知らない世代だけれど、でもエライ皆様はなぜ戦争の準備ばかりしたいのだろう? 福祉にお金をかけるのがなぜあんなにも嫌なんだろう? 美しい海を埋め立ててでも、どこぞのおっきな国の家来になりたいのだろう? なぜウソばっかりつくんだろう? わたしには分からないことばかりです。

イギリスの今後も不安です。EU離脱のディールがまとまらないのに、離脱まではもう2カ月。「もうEU離脱なんてやめようよ」と本気で訴える気骨ある政治家がわんさかでてきてほしい。でもイギリスはデモや請願が効力を発揮できる=民主主義がまだ残っていると信じられる国。そこにわずかの希望は感じられます。市民の力で動くことはあるかもしれない。

今年のお正月は喪中だったのでお祝いはしなかったけれど、年末に花市場に出かけ、ちょっと奮発して花や緑をたくさん買いました。白壁&モノトーンの部屋に色味がつき、明るい部屋で静かに新年を迎えました。

少しでも光ある方へ。明るい方へ。平和な方へ。そんな年になりますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast27】前髪斜めに切ってみました「サブスクライブ、何か入ってる?」&メガネの時間「プライムに救われた」

今回のテーマは、「サブスクリプション、何か入ってる?」 です。

ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館 絵葉書

201910/12

【絵葉書通信8】from Hanako in London

台風前の東京に素敵な色合いの絵葉書届きました。 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、いいですね。私もロンドンにいた時は入…

【アートの周りで】陶器の花がむくりと起きる

こんな仕事をしているので「物を作る」仕事をしている人に会う機会に恵まれている。アーティストであったりクラフトワーカーであったりいろいろだが、考え、想像し、そして手で生み出すそのプロセスを直に見る機会は本当にぞくぞくする瞬間だ。

podcast26

【podcast26】前髪斜めに切ってみました&メガネの時間「ユニクロについて語ろう」「月曜断食」

皆様こんにちは、豊里耳(とよさと みみ)です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさ…

【podcast25】前髪斜めに切ってみました「ヴィーガン流行ってます」&宇宙事件簿「ストレスが計測できる老化関連分子の発見」

皆様こんにちは、フローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと み…

ページ上部へ戻る