© matka All rights reserved.

20233/14

【わたしの家の話】築120年の「普通の家」に引っ越して半年。

2022年8月にロンドン内で住み替えしました。築120年超の古民家暮らしの厳しい現実を綴ります。

今「タグ」を確認したら、「わたしの家の話」についてこのサイトに書いたのは2020年が最後。3年近く放置していたようです。

あまりに日々が早すぎて、恐ろしい…。

と書きつつも、日々が「遅い」と感じることも多かったのがこの1年。

なぜなら、ちょうど昨年の今頃からう、現在住んでいる家の購入作業に入ったからです。

2015年、ロンドンで1軒目となる家(フラット=日本でいうマンションの一室)を購入しました。この購入劇が本当に本当に大変で、買った後も大変で😿、いろんな媒体に書き散らしてもまだ気が済まないぐらい大変でした。

↓こちら、6回に渡り家購入の顛末をかかせてもらった<コスモポリタン>

ですがコロナ禍を経て庭がほしくなったこと、そしてわたくしと夫のヒトも7つ歳を重ねたことで「もうこれがローンを組める最後のチャンスかも」と思い立ち、「もし良い物件があれば」と2022年3月2~4週目にかけて内覧し、最後に内覧した現在の家を買うことに決めました。

2022年4月から具体的な購入手続きに入り、そこからもいろんなことがありました。しかし今思い返せば1軒目のフラットよりは早くコトが進んだかもしれません。8月15日に購入完了→8月16日に引っ越ししました。

そこから半年。

たった半年ですが、もう10年ぐらい住んでいる気持ちになっています。

購入したのは築120年超のヴィクトリアンハウス(ヴィクトリア時代の建築様式の家)ですが、ヴィクトリアンハウスはイギリスではもっとも多いタイプのスタイルで、そこら中にあります。「普通の古さの普通の家」です。

とはいえ築120年超ですから…ずーっとずーっとずーーーーーーっとメンテし続けなくてはなりません。

引っ越し翌日から業者さんに修理をお願いしました。以来ずーっと修理の日々。

それが大変すぎて、まだ半年なのに10年ぐらい住んでいる気持ちになっています。

2軒目の家を買って住み替えたことでお金なんてすっからかんにないのに、それでも「修理必須!」のあれこれが次から次へと出現します。DIYではやりきれない事も多く、「業者さんに直してもらう」→「支払い」を何度も何度も繰り返しているこの半年…。

家に身ぐるみはがされた気持ちです😿。

暫く家関係のことを書いていませんでしたが、ほぼ毎日「何か」が起こっているこの家。備忘録もかねて、また書いていこうと思います。

ちなみに…ここ数日は「壁から水がしみ出している」問題と戦い中。たぶん煙突の雨押え板金から水が入っている様子。

購入までのいろいろを思い出しつつ、日々のトホホを日記のように書いていきたいです。またお付き合いくださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast252】映画『マッドマックス:フュリオサ』至高の世界観と細やかな演出をとにかく楽しむ!

2015年公開の映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の大ファンである私は、その前日譚である『マッドマックス:フュリオサ』を公開の週に胸のエンジンを鳴り響かせて観てきました。期待を裏切らない映画の魅力をあれこれ話してみました。

【podcast251】来年1月イギリスのビザ(永住権)がデジタル化するのです。

来年1月1日から、イギリスでは「eVisa」というデジタルのビサ証明が導入されます。わたくしフローレンスはイギリス永住権を持っていますが、現在持っている永住権カード(BRPカード)からデジタルに切り替わるのです。

podcast250

【podcast250】配偶者の呼び方問題、変わらない現状の理由とこれから

最近どう呼ぶのが良いのかについてメディアでも取り上げられることも多い、配偶者の呼び方問題。今週私に起こった出来事をきっかけに、改めて色々考えさせられました。ベストな新しい呼び方はないか?どうしたら新しい呼び方が定着するのか?フローレンスさんとあれこれ考えてみました。

【podcast249】やっと映画「PERFECT DAYS」をみました。

今回はやっとこさ映画「PERFECT DAYS」を見たフローレンスが、まだ見てない耳さんに「見よう」という気にさせるべく話しました。

podcast248

【podcast248】通り過ぎられ県、静岡は穴場の観光地

静岡県へ来て1年が経ちました。週末様々なところへ遊びに行っていますが、探せば探すほど穴場スポットの多い静岡、そんな魅力を語ります。

ページ上部へ戻る