© matka All rights reserved.

鶏

20198/4

【写真交換日記189】from Tokyo「命のための命と多様性」

コベントガーデンの写真、いいですね。壁面緑化ビルは日本でもたまに見ますし、屋上緑化は少しづつ進んでいるように思いますが、もっともっと進んでいくといいなと思います。

少し前になりますが、東京大学総合研究博物館特別展示「家畜 ―愛で、育て、屠る―」を見てきました。展示監督である遠藤秀紀教授がラジオに出演されていて、興味を持ったからです。

私はビーガンでもベジタリアンでもなく、基本的になんでも食べますし、肉も野菜も同じ命と思ってありがたく美味しくいただいています。だけども、スーパーや精肉店でお肉を買う時に、鶏や豚や牛の精肉される前の姿をぼんやりとは思い浮かべますが、それはイラストのようなデフォルメされた形のように思います。

今回、この家畜展に来て、剥製ではありますが、鶏の羽や爪やくちばし、牛の筋肉の隆起、蹄の大きさなど迫力ある動物の姿を見ると、「そうなんだよな。屠殺前はそれぞれの個体で、それぞれの命と毎日があったことを思い起こさせます。

特に鶏の剥製はありとあらゆる種類の鶏の剥製がずらりと並び、その種の多様さに圧倒されました。だけれども、資本主義が進み、コストと合理性を求められる社会になり、鶏は「ブロイラー」という種にほぼ絞られているとのことです。日本では人口の3倍の3億〜3億5千の鶏が飼われていますが、現在の技術により「ブロイラー」は生まれて55日で2~3Kgに成長し、精肉されるとのこと。(資料Ouroboros 23による)

約8週間の命が、今日の手軽に鶏肉を買える生活を支えていて、栄養をもらっているということ実感すると同時に、合理性の為に、他の種が淘汰されてしまう(淘汰された)ことに複雑な気持ちになります。

まだ観に行けてませんが、映画『シード ~生命の糧~』の内容を見ると、植物も生産性の為に種の多様性が失われつつあるということがあるようです。


お肉や野菜が買いやすいことは、とってもありがたいことなのですが、多様性が失われることの現実にも向き合う必要もあり、私個人に何ができるのか、悩ましいことです。

長くなりましたが、遺伝子の研究が進む中、人間だって淘汰される未来がSF映画ではなく、現実になるのかも。とふと思ったりしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast182

【podcast182】張り紙とハラスメント(ある喫茶店で思ったこと)

まだまだコロナ以前とはいきませんが、飲食店はほぼ通常営業し、お店でのコミュニケーションも増えてきた今日この頃ですが、先日立ち寄った喫茶店のドアでとても印象に残る張り紙を見ました。

【podcast181】日本⇒欧州に行くなら「絶対おすすめ深夜発フライト!」その理由

今回は、日本⇒ロンドン便で連続利用している「深夜発フライト(深夜便)」の良さについて力説しました。

podcast180

【podcast180】誰しも熱く語りたくなる!座ってるだけで体が熱くなる!映画『RRR』

179分。それがお薦めする映画『RRR』の上映時間です。誰しも見る前は「長いな〜〜」と思うでしょうが、あら不思議!怒涛の展開に熱狂している間にエンドロール迎えています。

【podcast179】今こそ思う「スゴイよ、ジュリー(沢田研二)」

今回は、最近わたくしがYoutubeでヘビロテ再生しているジュリーこと「沢田研二」さんの凄さについて話しました。

podcast178

【podcast178】結婚にまつわる名言に物申す

人生の一大イベントである「入籍」ですが、共に歩む「結婚(生活)」は日々の積み重ね。多くの著名人が「結婚」にまつわる名言を残しています。その中には結構な「迷言」も。その名言たちにあれこれツッコミながら、「結婚」の先輩であるフローレンスさんと話してみました。

ページ上部へ戻る