© matka All rights reserved.

20199/15

【パブが好きすぎる in London】The Punchbowl in Mayfair

※イギリスの「飲みどころ」と言えば「パブ(Pub)」。ほぼ下戸の・matkaロンドンのハナコと、ビール(特にエール)とパブを愛しすぎている「旦那のヒト」が訪れたパブのうち、おすすめのみを限定で紹介。暑苦しく語らない、うんちくこねない「行って、飲んで、食べた」印象を勝手にちょこっと語ります。

Green Park駅から歩いて7分ほど。ロンドンのかなり真ん中、「ポッシュ(お上品)」なMayfair地区にあるガストロパブ「The Punchbowl」を今回はご紹介。

===

カテゴリー:ガストロパブ
特徴:ビールの品揃えは可もなく不可もなく。ワインはいろいろあります。食事は大変美味しいです。特にローストは最高。
食事:軽食からランチ、ディナーまで。サンデーローストは外れナシ。
インテリア: クラシックは佇まいですが、行き過ぎもせず。黒を上手に使っています。2階は食事専門のダイニング。
Web: https://www.punchbowllondon.com
Instagram: https://www.instagram.com/theharpcoventgarden/
住所:41 FARM STREET, MAYFAIR, LONDON, W1J 5RP
最寄り駅:Green Park
予約:オンライン予約が可能。
mapコチラ
===

こちらは数年前まで映画監督のガイ・リッチーが所有していたことで有名です。当時は彼のセレブ友友社交の場として使われ、お酒も食べ物も総じてお高かったようです。

現在も決して安くはないのですが、Mayfairと言う一等地のパブ(レストラン)と考えると「高いけど…まあ仕方がないか…」と思うぐらいの値段にはなっています。

ビールは1パイント6ポンド前後(高いですが、ロンドン中心部平均価格ぐらい)。食事はランチの場合、メインは18~20ポンド前後が多いです。

この投稿をInstagramで見る

Punch Bowlさん(@punch_bowl_mayfair)がシェアした投稿

日曜日に提供する「サンデーロースト(オーブンで焼いたメニュー)」メニューの中で、ローストビーフは23ポンドと頭1つ抜けて高かったですが、その価値は十分にアリでした。
メニュー参照:コチラから。(2019年4月更新のランチメニュー)

今まで食べたローストビーフの中でも1-2位を争う美味しさだった厚切りローストビーフ。ホースラディッシュをべっとり塗って食べました。23ポンド。

見よ!この分厚さ! 日本でよく見る 「紙のように薄い」 ローストビーフも美味しいのですが、イギリスではある程度厚切りです。赤身肉が定番なので、肉のうまみはありますが油分はほとんどありません。

フィッシュ&チップス16ポンド。一見すごいボリュームですが、サクッと上がっているのでお魚だけなら割と楽に食べきってしまいます。でもポテトも完食しようとすると、まあまあ大変ですw。


旦那のヒトのポイント:
エールサーバは3本しなかないので「エールを飲むために行くパブ」というのではないものの、セレクションには工夫があり、珍しいエールが飲めるのは魅力。

なにより食べ物が美味しく、落ち着ける雰囲気も良し。ロンドン中心部に行ったとき「パブに行きたい」と「パブ飯食べたい」の両方の希望を満たしてくれる良いお店。

確かにエールのタップは3つ、ラガーは4つ。ワインは充実している様子です。

ハナコのポイント:
食事はかなりの高レベル。何を食べても外れがないが、特にローストは最高。添え物野菜もたっぷりつくのも嬉しい。ポッシュなエリアの「レストラン」と考えれば、値段はこんなもんなのかも。インテリアの黒い板の使い方やイラストの額の配置なども勉強に。接客もフレンドリー。

ガストロパブは東や北に美味しいお店が多いのですが、ここはロンドンの“ド”中心部。日本からのお客さん(特に観光中)に安心して連れていけるので本当にありがたい!「何かの時はここにしよう」といつも心にメモしているお店。

ローストポーク。カリっとやかれた皮のパリパリ具合も美味しかったです。お肉の下にはケールのバター炒めがたっぷり。

===
総合評価:ロンドン中心部で美味しいガストロパブに行きたいなら、ぜひ!
===

↓これまで紹介したお店です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast103

【podcast103】第93回アカデミー賞予想!&おすすめ作品

第93回アカデミー賞は日本時間4月26日朝からスタートします。コロナ禍で劇場公開作品が少ない中での選考ですが、今回派手なガツンとした作品群ではないけれど、時代を反映した地味な中にもピリリとした味わいの名作揃い(視聴したものでは)。そんなノミネート作品についてあーだこーだ話しながら、賞レースを予想してみました。

【写真交換日記238】from London『復活祭と卵デコレーションとエヴァンゲリオン』

そうか、ヨーコさんはエヴァファンだったのか。ワタクシはエヴァを通らずに過ごしてきましたが、NHK『プロフェッショナル』は感慨深く視聴しました。そして、実はこの番組を見たことで、エヴァを見る気が全くなくなってしまったです(笑)。

20214/6

ランチ小説『フラットメイト』第1話公開「マヌカハニーたっぷりのスパイスティー」

ずっと雑誌や新聞、オンラインに「記事」を書いてきたのですが、「物語」も書いてみたいなあと思うようになりました。この数年のことです。 …

オリンピックすごろく

【podcast102】東京オリンピック・パラリンピックすごろくを作ろう

先月3月25日から聖火リレーがはじまりました。日本ではワクチン接種も進まない中、本当にオリンピック開催するんでしょうか。今一度招致から現在までの「あれこれ」をすごろくにしてみよう!と思い立ち、オリパラにまつわる事件を振り返ってみました。

20214/2

【映画のはなし】トーベ・ヤンソンが教えてくれた「ムーミン」以外のこと。映画『Tove(トーベ)』(ややネタバレ有)

英国映画協会(British Film Institute)が毎年開催しているLGBTQ+映画祭「BFI Flare」。今年も2021年3月17~28日まで開催された。ロックダウン中なのですべてオンライン上映であり、プレス試写もすべてオンライン。家から見られるので有難い。

ページ上部へ戻る