© matka All rights reserved.

タグ:映画のはなし

【ドキュメンタリーを書き留める】キリスト者の私が見た、別の宗教:映画『A』『A2』(森達也監督)

私はキリスト教の信者なので、「宗教やってる人」と言われることがある。「やってる」っていわれると…う~ん、何かやってるってわけでもないんだけど~

【映画のはなし】ファッション学生の気持ちをくじく、超ド級のホラー映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』

この映画はポスターを見たときから心にグッときて、絶対観たい!と思っていた作品だった。 私自身が刺繍や縫物を趣味としていること…

【映画のはなし】昭和世代と平成世代を分けるもの。映画『小さいおうち』

普段は昭和生まれに囲まれて生きているが、ときどき「平成生まれ」という人に会う。 まあ、当たり前だ。平成元年は1989年。平成生まれの…

20205/31

【映画のはなし】どうも私はポール・マッカートニーのファンらしい:映画『イエスタディ』 by ダニー・ボイル

家事をしているときは、たいてい「ながら」でもう1つ何かやっている。 料理の場合はテレビ番組等の映像を斜め見し、掃除のときはたいていラ…

【ドキュメンタリーを書き留める】完全無欠の自己完結人生― 映画『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』

この作品のことは、愛読しているイギリスの新聞・オブザーバー紙(ガーディアン紙の日曜版)で知った。

【映画のはなし】バラの紅茶を飲みながら見る天国と地獄『マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年』

「ファッション映画」というジャンルがある。具体的には ファッション業界を舞台にした ドラマ(『プラダを着た悪魔』)やドキュメンタリー(『メ…

ブルックリン

20205/15

へこんでも、へこんでも、人生は続いてる。映画『フランシス・ハ』 

「あーあ、へこむなあ」なんて出来事は大人になってもしょっちゅうですが、そんなとき、何をするのが一番気が紛れるのか? 私はなんと言って…

完璧な一杯より最高の一杯を。映画『珈琲哲学─恋と人生の味わい方─』

コーヒーに関する映画は意外と数があります。ドキュメンタリー映画では『おいしいコーヒーの真実』2008年、『A Film About Cof…

マカロン

20205/11

心地よくハラハラするストーリーと洗練されたコメディ。映画『グランド・ブダペスト・ホテル』

サブスクリプション最盛期、気になる映画やドラマを「マイリスト」に入れてる瞬間がささやかな楽しい瞬間です。TSUTAYAでバイトしていた大学…

20205/10

【podcast56】「パンデミック映画-ココ観てポイント-」

新型コロナ禍がはじまってすぐ、各種サブスクリプションはいち早く「パンデミック映画」を配信し始めましした。古今東西さまざまな「パンデミック映画」がるものだなと思いつつ、より映画を体感できることもありいくつか観てみました。ネットなどでも紹介されていると思いますがわたくしなりに「ココ観てポイント」をまとめてみました。

ページ上部へ戻る