© matka All rights reserved.

ブックデザイン

【写真交換日記136】from Tokyo「オブジェとしての本」

ついつい更新遅くなってすみません。
読書ができる時間って、本当に贅沢で豊かな時間ですよね。風邪で読書できたというのも皮肉ですが、家で仕事をしている身としてはすごくよくわかります。私も最近はめっきり読書量が減ってしまって、もどかしく積読ばかりが溜まっていく状態です。そんなわけで、そのもどかしい気持ちを本を身近に飾って少しでも紛らわせるというのが最近の私の流行りです。

イギリスの本の装丁素敵ですね。確かにジャケ買いしたくなります。でも日本にも私の憧れるブックデザイナーが何人もいて、思わず購入してしまいます。そんな本は内容だけでなく、オブジェとしても楽しめるのです。そんなブックデザインを私も手掛けてみたい。と沸々と思いながら眺める日々です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201812/14

【写真交換日記177】from London「旅行者だったときのクリスマス」

暫く更新できずにごめんなさい。 ご存知のとおり、父のことで2カ月日本にいてバタバタな日々でした。父が11月9日に天国に旅立ち、いろいろ…

【家を買ってみたものの: London】デザインの秋 by Hanako

※【家を買ってみたものの: London】2015年7月にロンドンに小さなフラット(マンション)を購入。買ったはいいけど、日々事件が起こりま…

日の出

【写真交換日記176】from Tokyo「日の出起床委員会」

「ひこうき雲」、私もすごく好きな曲です。というか、荒井由実時代からユーミンの曲はどれも好きなんですけど。 「生死」について、自分も年を重ね…

【今日の云々】イギリスは空前の〝ベジ”ブーム by Hanako

何度か書いていますが、ワタクシ、この数年「やや」糖質制限実践中です。 「やや」というぐらいなのでまあまあ緩めです。揚げ物の衣は「ないこ…

【遠くに暮らす、両親のこと:日報】トイレが遠い(11月2日~4日)

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

ページ上部へ戻る