© matka All rights reserved.

アイススプーン

【自分だけのアイススプーンをつくろうWORKSHOP】レポート

私、ヨウコは先日、アクセサリー作家のMEGUMI TOYOKAWA さんによる、
アイススプーン作りWORKSHOPに参加してきました。

スプーン型の金属板をハンマーで叩いて、
槌目を入れたり名前を刻印して自分だけのアイススプーンを作ります。
素材は純銀か真鍮を選べます。

私は真鍮好きなので、真鍮を選んでみました。
まずはスプーンのすくう所をハンマーでのばしていきます。
練習してからはじめられるので、初心者でも安心。
私も最初力加減がわかりませんでしたが、
徐々にコツがつかめてきたような…。

ハンマーで叩きます
※写真の作業中モデルはMEGUMIさんです。(以後同じ)

いい具合にのびたら、ヤスリで金属の角を滑らかにします。

ヤスリで削ります

お好みで持ち手の部分に模様を入れます。
私は表の方に、ドットの模様を入れました。
ドットの大きさは、ハンマーによって変えられます。
シャープな感じで筋を入れたりもできます。

ドットの模様をつけまいsた

文字は裏面にベタですが「ICE CREAM」と打ち込みました。
ちょっとずれたりするのもまたご愛嬌。

刻印を押します
刻印の様子ICE CREAM

そしてやってきました、スプーンのスプーンたる部分のカーブ作り。
すくいやすい形に整えていきます。
丸い土台にスプーンをあてて、その上からハンマーを打っていきますが、
これがなかなか難しかった。

ハンマーで叩いて カーブを作ります

でも丁寧にMEGUMIさんにフォローしていただいて、なんとかスプーンの形状に!最後に全体をちょっと反らせます。

あとは磨くのみ!
磨く加減もお好みだそうです。磨く道具を変えてテクスチャーを残してもよし。
私は持ち手の部分にドットを結構入れたので、
差をつける意味でも口に入れる部分はピカピカに磨きました。

洗剤で綺麗に洗って、完成!!

スプーン完成!

ちょっとしたハンマーの加減で形が変わっていくのが、難しくも面白い部分。
まさに「自分だけの」スプーンを作っている感覚です。
また、今回は真鍮を選びましたが、素材やテクスチャーの付け方の違いで、イメージががらりと変わるので、1つと言わず、2つ目も作ってみたくなります。

最後はプレゼントにも適した素敵なパッケージに入れてもらえて、テンションが上がります!

素敵なパッケージ

早くこのスプーンでアイスを食べたーい。
ということで、早速食べてみました。
うん、一口がいい感じですくえて、口に入れた感覚もなめらか!

アイスとアイススプーン

これから、大事に使います。MEGUMIさん、お世話になりました。ありがとうございました。

次回の開催は8月10日。
スプーン以外のワークショップも行う予定で、受付は7月22日20時より始める予定とのことです。詳細決まりましたら、こちらサイトNEWSから案内され、予約ができます。
私は次はスプーン以外で参加してみようかしら。

MEGUMIさんの素敵なアクセサリーも、MEGUMIさんのその手によって日々、生み出されているのだな。と思うと感慨深いです。

トヨカワメグミさん

MEGUMI TOYOKAWA 
豊川 芽生 <トヨカワメグミ> 

web: http://megumitoyokawa.com
FB: https://www.facebook.com/megtoyokawa/
Instagram: megumi.toyokawa

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20211/16

【今日の云々:カルチャー日記 in London】罪悪感なし人生ってどんなだろ?BBCドラマ『The Serpent(蛇)』、TBSラジオ『セッション』(成人の日・新聞社説読み比べ)にブヒブヒ笑う

シリアルキラー、シャルル・ソブラジについてこのドラマを見るまで全く知らなかったのですが、オサレな作りが目に楽しく、ソブラジの手軽に殺人していく奇妙さに眉を顰めつつで最後まで興味深く見切りました。

タイプライター

20211/14

コロナ禍だからこそのヒット要因?アニメ映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』と『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の斜め評(ネタバレなし)

コロナ禍の年末の映画館、2作品とも公開からだいぶ経っているというのに、密を避ける1席空けではなくなった劇場の席はほぼ満席に近い状況だった。…

朝焼け

20211/13

【写真交換日記231】from Tokyo 「朝焼けと生業と」

新年になりました。今年もどうぞよろしくお願いします。ハナコさんは素敵なクリスマスツリーのある自宅で、クリスマスやお正月は豪華な料理を作って過ごしたことと思いますが、私は今年は実家に帰らず、独り、あまり平日と変わらない年末年始を過ごしました。

20211/13

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2021年1月12日:「『分かる言葉で』がむずかしい」

日本でひとり暮らしをするロージン(81歳になりました)母。このお方、地震と洪水を世界で1番心配しながら生きている。

podcast90

【podcast90】2021年これ流行るんじゃないか?日英談義

2021年がどんな年になるのか先行きの見えない新年ですが、そんな中でも地球をまたいで、トレンド予想をあれこれ話してみました!カルチャー、食、ファッションなど。ああ、トレンドセッターになってみたい…。

ページ上部へ戻る