© matka All rights reserved.

アイススプーン

【自分だけのアイススプーンをつくろうWORKSHOP】レポート

私、ヨウコは先日、アクセサリー作家のMEGUMI TOYOKAWA さんによる、
アイススプーン作りWORKSHOPに参加してきました。

スプーン型の金属板をハンマーで叩いて、
槌目を入れたり名前を刻印して自分だけのアイススプーンを作ります。
素材は純銀か真鍮を選べます。

私は真鍮好きなので、真鍮を選んでみました。
まずはスプーンのすくう所をハンマーでのばしていきます。
練習してからはじめられるので、初心者でも安心。
私も最初力加減がわかりませんでしたが、
徐々にコツがつかめてきたような…。

ハンマーで叩きます
※写真の作業中モデルはMEGUMIさんです。(以後同じ)

いい具合にのびたら、ヤスリで金属の角を滑らかにします。

ヤスリで削ります

お好みで持ち手の部分に模様を入れます。
私は表の方に、ドットの模様を入れました。
ドットの大きさは、ハンマーによって変えられます。
シャープな感じで筋を入れたりもできます。

ドットの模様をつけまいsた

文字は裏面にベタですが「ICE CREAM」と打ち込みました。
ちょっとずれたりするのもまたご愛嬌。

刻印を押します
刻印の様子ICE CREAM

そしてやってきました、スプーンのスプーンたる部分のカーブ作り。
すくいやすい形に整えていきます。
丸い土台にスプーンをあてて、その上からハンマーを打っていきますが、
これがなかなか難しかった。

ハンマーで叩いて カーブを作ります

でも丁寧にMEGUMIさんにフォローしていただいて、なんとかスプーンの形状に!最後に全体をちょっと反らせます。

あとは磨くのみ!
磨く加減もお好みだそうです。磨く道具を変えてテクスチャーを残してもよし。
私は持ち手の部分にドットを結構入れたので、
差をつける意味でも口に入れる部分はピカピカに磨きました。

洗剤で綺麗に洗って、完成!!

スプーン完成!

ちょっとしたハンマーの加減で形が変わっていくのが、難しくも面白い部分。
まさに「自分だけの」スプーンを作っている感覚です。
また、今回は真鍮を選びましたが、素材やテクスチャーの付け方の違いで、イメージががらりと変わるので、1つと言わず、2つ目も作ってみたくなります。

最後はプレゼントにも適した素敵なパッケージに入れてもらえて、テンションが上がります!

素敵なパッケージ

早くこのスプーンでアイスを食べたーい。
ということで、早速食べてみました。
うん、一口がいい感じですくえて、口に入れた感覚もなめらか!

アイスとアイススプーン

これから、大事に使います。MEGUMIさん、お世話になりました。ありがとうございました。

次回の開催は8月10日。
スプーン以外のワークショップも行う予定で、受付は7月22日20時より始める予定とのことです。詳細決まりましたら、こちらサイトNEWSから案内され、予約ができます。
私は次はスプーン以外で参加してみようかしら。

MEGUMIさんの素敵なアクセサリーも、MEGUMIさんのその手によって日々、生み出されているのだな。と思うと感慨深いです。

トヨカワメグミさん

MEGUMI TOYOKAWA 
豊川 芽生 <トヨカワメグミ> 

web: http://megumitoyokawa.com
FB: https://www.facebook.com/megtoyokawa/
Instagram: megumi.toyokawa

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

森

202010/19

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】10月12日(月)〜10月18日(日)

すっかり寒くなりました。寒さが苦手なので、カルチャーもほっこりするものを求めがちな今日この頃。あと、登場人物が走るシーンが多かったり、運動量が多いドラマやアニメもキモチ暖かくなる気がします。自分は1ミリも動いてないのですが…。

podcast79

【podcast79】「最近『オーラルケア』の話が楽しすぎる」について

妙齢おねいさんとして楽しく生きていきたいと思っているわたくし、フローレンスですが、最近同年代の友人が集まると、必ず「歯と歯周り」についての話題で盛り上がりまくります。

202010/18

【お知らせ】「史上初、黒人女性の副大統領候補!カマラ・ハリスってどんな人?」(コスモポリタン日本版で配信)

コスモポリタン日本版で、カマラ・ハリス副大統領候補についてまとめた記事を書きました。

202010/17

【今日の云々:カルチャー日記 in London】2020年10月12日(月)~17日(土)ケイト・ウィンスレット&シアーシャ・ローナン主演『Ammonite(アンモナイト)』でロンドン映画祭が閉幕

実在した化石採集者で古生物学者のメアリー・アニング(1799~1847年)をモデルにしたメアリーと地質学者のシャーロット・マーチソン(1788~1869年)の親密な関係を描いた作品。

カボチャのスープ

202010/15

【写真交換日記227】from Tokyo 「カボチャのスープと今年のハロウィン」

野菜のロースト美味しそうですねー!彩りもよくて、華やか!日本ではあるところにはあるのでしょうが、私は黒ニンジンと黄色ニンジンを食べたことが…

ページ上部へ戻る